Pursuit XRS

LC と LC/MS カラム

Pursuit XRS

確かな再現性。

Pursuit XRsの固定相は最新の技術を駆使して結合され、分析回ごとの、 またカラム間での再現性に優れ、分析結果の信頼性が高まり、さらに生産性が改善されます。 Pursuit XRsのカーボンロード率は高く、分析対象物質とシリカ表面との不要な相互作用を防ぎ、 よりシャープなピークと確実な分離能が得られます。 高いカーボンロード率は、分析対象物質と官能基との相互作用をするための極めて均一な環境を形成できるため、 今までにない再現性を示すことができます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 最高の分離能:Pursuit XRsの最高水準にある分離能は、分離条件検討の段階から確かな分離結果を提供し、 分析法開発やバリデーションに要する時間を大幅に短縮することができます。 バリアンのユニークな結合技術により最適化されたPursuit XRsのカーボンロード量は、 分析対象物質と官能基との相互作用の頻度を確実に高めます。 その結果、分離能の改善と実験効率のアップが図れます。
  • 最高のカラム寿命:充てん剤は、バリアンのユニークな結合技術により極めて安定なリガンド表面を形成しているため、 抜群の耐久性を示します。Pursuit XRsカラムを移動相pH1.5およびpH10.0での連続的使用に曝した安定性試験では、 60日の連続使用でも性能低下は見られませんでした。 また、近年使用頻度が増えている急激なグラジエント条件下での耐久性も、この結合技術により確実に高まりました。 DMSOを含むサンプルを5000回以上注入しても、性能の低下は全く現れませんでした。

ページTOP