Agilent Genomic Workbench 
ソフトウェア

DNA マイクロアレイ

Agilent Genomic Workbench
ソフトウェア

[RUO]

DNA Analytics は、Agilent Genomic Workbench に名称変更しました。

Agilent Genomic Workbench は、アジレントの次世代ゲノム解析パッケージです。DNA Analytics からさらに拡張した新機能を搭載し、Copy Number Variation や ChIP-on-Chip、DNA メチレーション解析など、拡大する研究者のニーズに応えます。

CGH+SNP マイクロアレイの解析には Agilent Genomic Workbench 6.5 以降、または CytoGenomics 1.5 以降が必要です
※ Cancer CGH+SNP マイクロアレイの解析には CytoGenomics 2.0 以降が必要です。

※製品はすべて試験研究用です。診断目的にご利用いただくことはできません。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • ワークフローマネージャー機能
    あらかじめ決めた条件で、スキャンイメージの数値化からデータ解析をワンクリックで行うことができます。
  • サンプルマネージャー機能
    サンプル情報と実験条件等の情報を容易に関連づけ、情報追跡を容易にします。
  • DNA メチレーション解析アルゴリズム
    メチレーションイベントの検出が可能。(別途ライセンスが必要です)
  • 大規模なアレイデータセットも解析可能
    最大で1アレイあたり約1,000,000スポットの高密度になるアジレントの SurePrint G3 アレイフォーマットによるデータにも対応。
  • データインポート、閲覧、ゲノムトラックの使用が可能
  • UCSC ゲノムブラウザとリンクし、ユーザーの解析と関連性の高い情報を提供します
  • 操作法紹介ビデオ

ページTOP