5300 Fragment Analyzer System

Fragment Analyzer Systems

5300 Fragment Analyzer System

5300 Fragment Analyzer System は最大 48 または 96 サンプルを同時に分離できるキャピラリ電気泳動装置です。このシステムは、ラボ効率とワークフローを向上させるためにデザインされており、多数のサンプル分析を自動で行い、結果に集中することができます。

5300 Fragment Analyzer System は、ゲノム DNA、small RNA、cfDNA、Large DNA フラグメント、および total RNA など、幅広いサンプルの QC ができます。さまざまなサンプルタイプを分析できるこのシステムは、NGS ライブラリ QC や CRISPR をはじめとするワークフローに適した装置です。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 1 回の希釈ステップと簡単な装置セットアップで、48 または 96 サンプルを同時に分析
  • バッチ処理を用いることでサンプル解析時間を短縮し、自動的に結果レポートを生成
  • 最大 288 サンプルを自動でロードおよび分離し、多数のサンプルを自動分析
  • キャピラリの長さを選択し、分析速度または分離能を変更できる柔軟なオプションにより、ワークフローの変更に柔軟に対応
  • 毎日のアレイ操作が不要で、室温で安定な試薬を使用することで、準備にかかる時間を最小限に抑制
  • 優先度に合わせて、分析順序の変更が可能
  • 品質指標を用いた RNA(RQN)およびゲノム DNA(GQN)の客観的な品質評価
  • 高いサイジングの正確度と再現性、300 bp 以下のフラグメントで最小 3 bp の分離能により、明確な結果を取得
  • 2 桁の広い濃度範囲をカバーする分析キット
  • 信頼性のあるスメア分析によって正確なモル濃度の算出を実現

ページTOP

仕様

  • M5311AA 5300 Fragment Analyzer
    寸法(幅 × 奥行 × 高さ) 35 cm x 51 cm x 61 cm
    電源周波数 47 ~ 63 Hz
    電圧 100 ~ 240 Vac
    使用環境相対湿度 20 ~ 80 %
    消費電源 150 VA
    重量 38.5 kg

ページTOP

用途

  • 柔軟性
    5300 Fragment Analyzer Systemでは幅広いキットを利用でき、プラスミド、ゲノム DNA、total RNA、small RNA、CRISPR 編集産物、Large DNA フラグメントなどの DNA サンプルや RNA サンプルの定性や定量が可能です。定量キットではサンプルサイズ(bp または nt)と濃度測定が行えます。定性 DNA キットは、正確なサイジングと相対定量を行います。
  • アクセシビリティ
    忙しいラボで結果を得るまでの時間を短縮するには、装置のアクセシビリティが重要です。5300 Fragment Analyzer System は最大 3 枚の 96 ウェルプレートを待機させることが可能で、解析の順番は自由に変更できます。これによって、分析を待っている間に装置にサンプルを待機させることができ、必要であれば、優先度の高いサンプルの分析順を先頭に移動することができます。データファイルは、分離後に簡単にアクセスできるように、ネットワーク接続したコンピュータに保存することができます。
  • 汎用性
    5300 Fragment Analyzer System は 2 種類のゲルをセットできるため、多くのサンプルを分析できるだけでなく、種類の異なるサンプルも自動で分析できます。オペレーションソフトウェアが異なるアプリケーション間でゲルの切替と充填を自動で行うため、待機時間が削減されます。

ページTOP