1260 Infinity II 蛍光検出器

HPLC モジュール

1260 Infinity II 蛍光検出器

1260 Infinity II 蛍光検出器では、励起と発光波長をタイムプログラムで切り替え可能です。 実績のある光学および電子設計により、微量濃度成分の分析できわめて高い感度を実現しています。 この検出器は、Agilent InfinityLab LC シリーズシステムだけでなく他社 LC システムとも組み合わせて使用できます。

微量濃度成分の分析で最高レベルの感度を実現しており、ピーク幅の狭い高速分析においても最大 74 Hz のデータレートにより、再現性のよい検出が可能です。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 74 Hz のデータレートにより、狭いピークでも信頼性と再現性の高い積分を実行
  • シンプルな光学設計により、優れたベースライン安定性を実現
  • 非常に優れた検出限界 - ラマン S/N > 3000(暗電流シグナルノイズリファレンスを使用)
  • 迅速で簡単なメンテナンス - 正面からのアクセス可能なハウジングおよびドア設計の最適化により、フローセルの迅速な点検と交換が簡単に行えます。
  • 機器パラメータの記録 - すべてのフローセルカートリッジの自動認識により、機器パラメータの記録と GLP への準拠が可能
  • 幅広い診断の実行、エラー検出、表示が可能 - Agilent 1200 シリーズインスタントパイロットコントローラおよび Agilent Lab Advisor ソフトウェアがさまざまな診断機能を提供

ページTOP