1260 Infinity II 蒸発光散乱検出器

HPLC モジュール

1260 Infinity II 蒸発光散乱検出器

1260 Infinity II 蒸発光散乱検出器(ELSD)は分析スケール向けですが、分取クロマトグラフィーアプリケーションで流路スプリッタとともに使用することもできます。 溶媒を蒸発させてから分散光の強度を測定する検出手法により UV 吸収が無い化合物の検出が可能です。シグナル強度はサンプル濃度に比例します。

検出器のレスポンスは化学構造に関係なく、絶対量に基づくため純度分析などに適しています。検出器は短時間で安定し、数分で使用できるようになります。 ベースラインドリフトがほとんど無く、容易にピークの積分が実施でき、面積再現性に優れています。 検出器は、多数の LC ソフトウェアでプログラムして制御することができます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • ナノグラムレベルの化合物に対して優れた感度を提供
  • リアルタイムのガス制御が可能。グラジエント分析においても分析全体で均質なレスポンスが得られるため、定量エラーを最小限に抑制できます。
  • コントロールおよびデータ採取システム - 多くのメーカーのソフトウェアプラットフォームに対応
  • 最高 120 °C で動作可能。揮発温度が高い溶媒の蒸発が改善され、非揮発性化合物へのレスポンスが向上
  • 低分散、高速データ出力 - 高速 LC アプリケーションに最適
  • 2 % 以下の再現性の、信頼性の高い高精度な分析を実現
  • ELSD のガスフローをコントロールすることで DMSO ピークを除去することができ、追加のサンプル前処理は不要。早く溶出してDMSOピークに影響されてしまう化合物の検出を可能にします。

ページTOP