Bio-SEC ソフトウェア

GPC/SEC 機器およびシステム

Bio-SEC ソフトウェア

Agilent Bio-SEC ソフトウェアは、包括的なタンパク質特性評価のための優れたツールです。Agilent OpenLab CDS ChemStation に組み込まれている、使いやすい機器コントロールインタフェースを採用しています。また、単一ソフトウェアパッケージに、すべてのシステムコンポーネントが含まれています。包括的なシステム統合により、シームレスな運用および接続が可能になり、システム稼働率の最適化が実現します。すべてのパラメータのモニタリング、機能への簡単アクセスが可能、システムを一目でチェックできます。クロマトグラフィーの専門家でなくても、Agilent Bio-SEC ソフトウェアを使用すれば、システムのフルコントロールから再現性のある正確な結果取得までを迅速かつ容易に行うことが可能です。

データの採取が終了すると、1 回目のクリックで簡単に検出器のベースラインを定義し、2 回目のクリックで積分範囲を選択し、3 回目のクリックで結果を計算します。専門的な知識がなくても、分析の完全性を保持したまま、すべての計算を短時間で簡単に実行できます。このソフトウェアでは、モル質量、サイズ(流体力学半径)、濃度、回収率が計算されます。サンプルの均一性が、組成に応じてモノマー、ダイマー、トリマーとともに表示されます。


本システム (GPC/SEC) に関して、日本国内においては、エーエムアール株式会社が一部製品・ソリューションの販売、および、サポートを行っております。

Agilent InfinityLab GPC/SEC システム

  • お問い合わせ先 : アジレント・テクノロジー株式会社
  • お問い合わせ電話番号 : 0120-477-111
  • お問い合わせフォーム : http://www.agilent.com/chem/contactus:jp

高温 GPC、マルチ検出器 (MDS) および関連製品

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • あらゆる用途に対応 – ルーチン機能とエキスパート機能の両方を備え、ワークフローにフォーカスしたソフトウェア
  • 正確で再現性のある結果 – 直観的なウィザードにより、ベースラインの定義および積分範囲の設定が簡単になります。
  • 包括的な組成レポート – 分子量、流体力学半径、濃度、組成、回収率など
  • サンプル間の変動をモニタリング – 分子量、サイズ、組成のわずかな変動は、医薬品の物質の有効性に大きな違いをもたらす可能性があります。
  • 短時間かつ容易なシステム検証 – タンパク質標準を 1 回注入して重要なパラメータを同時に分析可能
  • 凝集の程度 – 特に重要となる、多量体および凝集体の詳細なモニタリング
  • エキスパートモード – 熟練したユーザーは、計算の任意の段階で、さらなる精査と調査を実施することができ、独自のデータおよびレポート作成が可能
  • 統合型機器制御およびデータ収集 – OpenLab CDS ChemStation で導入されている RC.net インタフェース技術により、使い慣れたインタフェースで、堅牢な信頼できるシステムを確実に実現
  • Agilent 1260 Infinity バイオイナート LC1260 Infinity マルチ検出器 Bio-SEC ソリューションからのデータの制御および分析が可能

ページTOP