2020年3月開催 ICP-OES のための無機元素分析セミナー

ICP 発光分光分析 (ICP-OES) は幅広く使用されている分析法で、アジレントでもコンパクトで迅速測定や高いマトリクス耐性を実現するICP-OES を長年にわたりご提供しております。

この度、アジレントより最新の ICP-OES が発売されました。迅速測定や高いマトリクス耐性等の特長を継続しながら、新たな技術を搭載した光学系により、コンパクトな装置サイズを実現し、さらに検出下限・分解能を向上させました。本セミナーでは最新の ICP-OES によりラボの分析効率をどのように向上させることができるか等含めてご紹介いたします。

ジーエルサイエンス株式会社様とメルク株式会社様より、分析に関するノウハウなども含めてご紹介いただきます。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

生産性と信頼性を高めるスマートシステム
新製品 Agilent 5800 および 5900 ICP-OES のご紹介

参加対象

  • 現在 ICP-OES をお使いのお客様、今後使用をご検討されているお客様等

開催概要

  主催  アジレント・テクノロジー株式会社

  共催  ジーエルサイエンス株式会社
      メルク株式会社

大阪

参加申込はこちら
日 時 2020年 3月 19日(木) 13:30 ~ 17:00
※受付開始 13:00
会 場 AP 大阪駅前
地下2階 APホール

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-12-12
東京建物梅田ビル
定 員 70名
参加費 無 料

東京

参加申込はこちら
日 時 2020年 3月 25日(水) 13:30 ~ 17:00
※受付開始 13:00
会 場 御茶ノ水ソラシティ
カンファレンスセンター
2階ホールWest

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台 4-6
定 員 100名
参加費 無 料

プログラム

時間講演内容
13:00 受付開始
13:30 - 開会の挨拶
13:30 - 14:40 最先端の光学技術を搭載した ICP-OES の特長と実試料への応用

スマート新機能による分析効率の向上をはじめ、光学設計の最適化による検出下限および分解能向上、基礎データおよびアプリケーション事例などをご紹介します。

アジレント・テクノロジー株式会社
14:40 - 15:00 休憩
15:00 - 15:45 元素分析における試料調製の心がけ
「標試薬、酸分解前処理、精度管理を中心に」

標準試薬に係る内容(ICP-OES用標準試薬について、トレーサビリティ、調製室の環境)、酸分解について(開放系分解と密閉系分解の違い、ICP-OESでは分解後の測定液は硝酸マトリックスが望ましい点)、精度管理について(組成標準物質CRMについてとその利用方法、不確かさを管理する方法など)を中心にご紹介します。

ジーエルサイエンス株式会社様
15:45 - 16:30 Milli-Qを使いこなすための10のコツ。
試験結果をコミットする上手な超純水の使い方と最新技術のご紹介

日々の分析や試験・洗浄に用いる超純水の使用方法や管理方法、すぐに使える超純水のノウハウやコツと超純水の最新の精製技術についてご紹介します。

メルク株式会社様
16:30 - 16:50 アジレントの元素分析のポートフォリオのご紹介

原子吸光からトリプル四重極 ICP-MS までのポートフォリオを中心にご紹介します。

アジレント・テクノロジー株式会社
16:50 - 17:00 質疑応答・終了

アジレントセミナーについて

  • 弊社セミナーでは、同業者、関連業界の方のお申込については、弊社の判断により、受付をお断りをさせていただいております。
  • その他、申込受付時のご注意とお願いについては、こちらのページをご覧ください → こちらをクリック

お問合せ

アジレント・テクノロジー株式会社 マーケティングサービス部 セミナー担当
電話:0120-477-111  e-mail:lsca_seminar@agilent.com

▲ このページのトップへ戻る