【NEW】 Agilent QuickProbe テクノロジー

Agilent QuickProbe テクノロジー | 法医学サンプルを GC/MS で 60 秒以内に分析
QuickProbe 製品画像

Agilent QuickProbe なら、錠剤、粉末、液体の組成を直接、迅速に分析し、規制対象物質の有無を判断できます。

このリアルタイムの分析手法により、試料を直接、またはわずかな前処理だけで GC/MS に導入し、化合物を同定できます。使いやすいプローブと Agilent GC/MS システムを組み合わせることで、自動ライブラリサーチによる高速データ分析が可能になります。

つまり、
サンプルの組成をほぼ瞬時に確認できるのです。

シンプルな 3 ステップ
QuickProbe へのサンプル導入は簡単です。
QuickProbe アイコン
1. プローブを
サンプルに接触
QuickProbe アイコン
2. プローブを
QuickProbe 注入口に挿入
QuickProbe アイコン
3. 60 秒足らずで
測定結果を取得
増え続けるサンプル数に打ち勝つ

多くの法医学ラボは、増大する複雑なサンプルへの対応に追われています。QuickProbe を活用すれば、数十年にわたりラボに大きく貢献してきた GC/MS プラットフォームで、迅速かつ容易な直接サンプル分析が可能になります。

ラボのサンプル数の写真
60 秒タイマーのイラスト
1 分足らずでクロマト分離

QuickProbe は、アジレントの革新的なサンプル導入技術を搭載し、Quick GC に取り付けられた注入口と短い分離カラムで、急速な加熱を実現します。Agilent GC/MS に標準搭載することが可能で、真空中のイオン化室でサンプルをイオン化して、四重極のマスフィルターで検出します。QuickProbe による処理は、既存の GC カラムに変更を加えることなく、1 分足らずで完了します。

EI ライブラリを用いて化合物を検索

GC によって混合物から目的の成分を分離し、MS 検出で検出した後に、NIST や Wiley などの EI ライブラリで化合物などを特定することが可能です。

ラボとライブラリの写真
QuickProbe 消耗品の写真
専用カラムと消耗品

アジレントは、サンプルの高速分析を実現するため、サンプルの種類ごとにプローブとプローブホルダをご用意しています。また、QuickProbe 注入口は、大きなサンプルの粒子などが Quick GC カラムを汚染しないようにタッチレスパッケージで保護された新設計のフリット付き専用ライナを採用しています。Fast GC 用の既製のカラムは 2 種類をご用意しています。カスタムカラムはオーダーメイドとなりますので、弊社担当者までお問い合わせください。

新しい情報キット

QuickProbe テクノロジーに関する詳細をご確認いただけます。

アプリケーションノートの表紙

アプリケーションノート(日本語)

法医学アプリケーションにおけるサンプル前処理不要の高速分析ワークフロー

ダウンロードはこちら
カタログの表紙

Agilent QuickProbe テクノロジーカタログ(日本語)

粉末、固体、液体試料をリアルタイムで直接 MS 分析

ダウンロードはこちら
クイックリファレンスガイドの表紙

Agilent QuickProbe GC/MS 消耗品(日本語)

アジレント機器用の純正消耗品

ダウンロードはこちら
5977B GC/MSD 製品の写真

関連製品

環境、化学、石油化学、食品、法医学、医薬品、材料分析などさまざまな業界が抱える分析の難題に対して 5977B GC/MSD は、以下の特徴でそれらの難題を解決していくための技術が搭載されています。

  • シングル四重極の性能が10倍に向上
  • 運用コストを低減
  • ダウンタイムの低減と生産性の向上
詳細はこちら

QuickProbe が照らし出す道筋

QuickProbe GC/MS システムの製品ページを見る

QuickProbe 技術は、テルアビブ大学の Aviv Amirav 教授により開発されました。次の記事をご覧ください。 "Open Probe Fast GC-MS:Combining Ambient Sampling, Ultra-Fast Separation, and In-Vacuum Ionization for Real-Time Analysis" by U. Keshet, T. Alon, A. B. Fialkov, and A. Amirav, in the Journal of Mass Spectrometry 52, 417-426 (2017).

本製品は法医学分野の実験用途での使用を想定しており、医薬品医療機器等法に基づく登録を行っておりません。