多次元クロマトグラフィー

Purification

1 回の分析で分離能が向上

アジレントは多次元クロマトグラフィーをリードしており、ハートカットまたは二次元ガスクロマトグラフィー (GC × GC) で異なる固定相を追加し、GC の分離能を向上させています。多くの場合、複雑なサンプルには共溶出する化合物が含まれていますが、二次元目のカラムで選択性を高めることにより、重なったピークの問題を解消できます。このように選択性が向上すれば、分離困難な分析対象成分を見逃すことも、異なるチャネルで 2 回目の注入をする必要もなくなります。

 

 

 

Deans スイッチによるオーブン内ハートカット でシンプルな多次元 GC を実現

ハートカットでは、クロマトグラフィー分析中に、一次元目カラムからの溶出物を異なる固定相の二次元目カラムに流します。一次元目カラムのピークの分析対象物と共溶出不純物は、二次元目カラムで完全に分離されます。この手法により、複雑な混合物中の微量成分を測定できます。また、同じ機器を用いた同一の分析で、2 本の異なるカラムを用いるため、GC の分離能が向上します。

  Deans スイッチによるオーブン内ハートカットでシンプルな多次元 GC を実現
       
 

精度と再現性の高いキャピラリ・フロー・テクノロジーによる GC × GC

包括的二次元クロマトグラフィーでは 2 つの異なるカラム固定相を用いて非常に複雑な混合物を分離できます。二次元目カラムを追加することにより、分離能とピークキャパシティが向上します。GC × GC フォワードおよびリバースフローモジュレータにより、溶出物の小さいフラクションを連続して採取し、フラクションを二次元目カラムに流します。 一次元目で各ピークの一部のカットを採取することにより、冷却ガスや複雑なハードウェアを使用せずに包括的な二次元分離を実現できます。

  精度と再現性の高いキャピラリ・フロー・テクノロジーによる GC × GC
       
 

キャピラリ・フロー・テクノロジー (CFT)

キャピラリ・フロー・テクノロジーにおけるアジレントのリーダーシップにより、多次元クロマトグラフィーのほか、以下のような時間短縮に役立つ技術の使用が可能になりました。

  キャピラリ・フロー・テクノロジー (CFT)

 

多次元クロマトグラフィーアプリケーション

 
GC × GC リバースフローモジュレータ

GC × GC リバースフロー
モジュレータ

GC × GC 用リバースフローモジュレータの性能を複雑な香料成分で評価

詳細はこちら

ポスター (英語) 

 
GC-ECD への直接注入による魚油中の PCB 分析

GC-ECD への直接注入による
魚油中の PCB 分析

手間のかかるサンプルクリーンアップを行わずに、魚油を直接 GC に注入し、魚油中の PCB を分析

詳細はこちら

 
ディーゼルおよび蒸留液中のジベンゾチオフェン分析

ディーゼルおよび蒸留液中の
ジベンゾチオフェン分析

Deans スイッチを用いて中極性のカラムにハートカットすることで、クエンチングを最小限に抑え、分離を向上

詳細はこちら

 

 

関連製品