HAS/IgG マルチプルアフィニティ
除去カラム

LC と LC/MS カラム

HAS/IgG マルチプルアフィニティ
除去カラム

マルチプルアフィニティ除去 LC カラム – ヒト血清アルブミン (Human Serum Albumin: HSA)/IgG は、ヒトサンプル (血漿、血清、尿または脳脊髄液など) から 2 種類の干渉する多量のタンパク質 (アルブミンおよび IgG) をクロマトグラフィーで除去できるように設計されています。アルブミンおよび IgG の除去により、分析のダイナミックレンジが効果的に広がり、続いて行うサンプルの LC/MS 分析や電気泳動の感度が向上します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • マルチプルアフィニティ除去システムを用いることにより、総タンパク質の約 69 % (アルブミンおよび IgG) を除去
  • カラムのフォーマットは 4.6 x 50 mm で、カスタムメイドのカラムサイズやスピンカートリッジも利用可能
  • 分析 1 回あたりの血清注入量は、内径 4.6 mm カラムで 100 µL
  • 高速シングル注入プロトコルと最適化されたバッファにより、最適なサンプル回収率が実現
  • 最適化された 2 バッファシステムにより、200 回以上の注入にわたって、非常に再現性の高いカラム再利用が可能。便利なカラム試薬スタータキットで提供
  • 内径 4.6 mm のカラムでは、カラムの寿命まで、最大 20,000 µL の血漿/血清の処理が可能
  • プロトコルとカラムはヒト生体サンプルの分析に最適化。マウス血清分析での使用には非推奨
  • Agilent 1200 機器を含むほとんどの FPLC または HPLC ポンプや機器に対応
  • ヒト血清アルブミン/IgG アフィニティ除去スピンカートリッジも提供
  • 製品情報

ページTOP

ツール

ページTOP