PLRP-S バイオ分析用

LC と LC/MS カラム

PLRP-S バイオ分析用

バイオ分析用 PLRP-S の製品ファミリには幅広いポアサイズと粒子サイズが揃っており、すべてが同一のケミストリと基本的な吸着特性を備えています。このポリマ粒子には疎水性があるため、逆相系での分離には結合相、アルキル結合基は必要ありません。そのため、残存シラノールや残留重金属は存在せず、分析結果への影響もありません。幅広い製品が揃っているため、分析用の分離から分取精製まで、適したカラムがあります。さらに、バルク充填剤を充填したプロセスカラムもご用意できます。

お客様の対象分野に適した BioHPLC カラムの確認、リソースの入手、キャンペーンのご利用については、こちらを参照してください。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 再現性の高い結果を提供し、長いカラム寿命を実現する、耐久性の高い堅牢なポリマ粒子を含有
  • 熱的および化学的に安定
  • USP L21 に準拠
  • バイオサイエンス、化学、臨床研究、エネルギー、環境、食品や農業、材料科学、医薬品で使用可能
  • 低分子から高分子の複合体やポリヌクレオチドの分離に使用できるポアサイズ (100 Å~4000 Å)

ページTOP

ツール

ページTOP