IDP ドライスクロールポンプ

分析機器用 部品と消耗品

IDP ドライスクロールポンプ

IDP ドライスクロールポンプは、既存の Agilent 5977、5975、および 5973 GC/MSD システムで適格性が評価された、経済的なオイルフリー真空ポンプです。IDP は、シンプルなデュアルスクロール構造を利用し真空を作り出し、そこでネスト化したスクロールの一方が他方の軌道の周りに乗り、取り込んだガスが流動する領域を作ります。IDP のシンプルデュアルスクロールデザインが、低ノイズ、低振動、メンテナンスの簡素化とメンテナンスサイクルの長期化、故障の回避など多くの利点を生み出しました。ガスは側面からスクロールセットに入り、移送され中央ハブに向かって圧縮されそこから排気されます。これにより、低い到達圧力がすばやく得られます。

IDP のシンプルデュアルスクロールデザインが、低ノイズ、低振動、メンテナンスの簡素化とメンテナンスサイクルの長期化、故障の回避など多くの利点を生み出しました。メンテナンス作業は、2 個のチップシールと 1 個の O-リングの交換のみです。周囲を汚すこともなく、約 30 分で交換作業が完了できます。

G6696A IDP ドライスクロールポンプにより、面倒なオイルポンプの交換から開放されます。

  • 設置ガイド
  • 24 V 電源: MSD に直接接続するために使用
  • フィッティング
  • フォアラインホース

価格表はこちら

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 同じサイズの他のポンプより優れた真空性能を実現
  • オイル漏れのリスクなし
  • オイルの破棄に伴うコストや安全性の心配なし
  • 低消費電力
  • 重要:
  • アジレントのスクロールポンプは、EI (電子衝撃イオン化) GC/MS システムでのみご利用いただけます。
    ただし、GC/MS システムを主に化学イオン化 (CI) モードで使用する場合、および下記機器では使用できません。

    * ディフュージョンポンプが搭載された機器
    * NH3 試薬ガスを使用する CI 機器
  • ポンプスピードグラフ
  • 外観図

ページTOP