デコンボリューションソフトウェア (DRS)

ガスクロマトグラフ

デコンボリューションソフトウェア (DRS)

アジレントの GC/MS 用デコンボリューションソフトウェア (DRS) は、Agilent MSD Productivity ChemStation、NIST AMDIS、NIST 2008 マススペクトル検索プログラム (NIST08) から得られた結果を組み合わせて、分かりやすい 1つのレポートにまとめるターゲット化合物分析用のアプリケーションパッケージです。DRS は任意の Agilent RTL データベースライブラリを用いることができ、フルスキャンデータや SIM データでも使用できます。

詳細はこちら

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 自動化と高い処理速度;1 サンプルあたり およそ1 分の処理時間(処理時間は分析時間、マスレンジなどにより異なります)
  • 高マトリックス試料のデータでデコンボリューションの威力を発揮
  • 標準的な定量メソッドやライブラリ検索メソッドよりも高い化合物検出能力
  • MSD Productivity ChemStation や分析者では見つけられなかった、埋もれたターゲットも発見
  • スクリーニングと半定量を 1 回の操作で実行可能

ページTOP