Agilent 8255 
化学発光窒素検出器 (NCD)

ガスクロマトグラフ

Agilent 8255
化学発光窒素検出器 (NCD)

Agilent 8255 化学発光窒素検出器 (NCD) は窒素窒素を選択的に検出する検出器で、窒素化合物に対して優れた直線性と等モルレスポンスを示すことが可能です。デュアルプラズマバーナーで窒素含有化合物を高温燃焼し、酸化窒素 (NO) を生成します。その後、酸化窒素とオゾンの化学発光反応により生じる光を電子増倍管で検出します。こうした反応の選択性により、複雑なサンプルマトリックスでも干渉をほとんど、あるいはまったく生じずに分析することが可能です。

詳細はこちら

Agilent 化学発光検出器 e-セミナー/ポスターダウンロードはこちら 

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • ガスクロマトグラフィー (GC)用の窒素選択型検出
  • ピコグラムレベルの検出限界
  • 炭化水素によるクエンチングが見られない
  • 窒素化合物に対する直線性と構造に依存しないレスポンス
  • アンモニア、ヒドラジン、シアン化水素、NOX に反応
  • NCD および FID の同時オペレーション
  • 再設計されたバーナーと検出器、およびニトロソアミン分析専用構成オプション
  • アジレントでは 8355 化学発光硫黄検出器 (SCD) も提供
  • ソフトウェアおよびインフォマティクス

ページTOP