Agilent LC/MS および LC/MS/MS 法医学毒物分析アプリケーションキット

LC/MS システム

Agilent LC/MS および LC/MS/MS
法医学毒物分析アプリケーションキット

生体由来サンプル中の毒物分析では、数多くの微量化合物を同定確認する必要があり、さまざまな問題が発生します。Agilent LC/MS および LC/MS/MS 法医学毒物分析アプリケーションキットは、精密質量データベース、スペクトルライブラリを含む精密質量データベース、またはトリガ MRM データベースおよびMRMライブラリが揃っており、誰でも、迅速で効率的なメソッドを利用し測定が可能です。TOF または Q-TOF LC/MS 用精密質量データベース、Q-TOF LC/MS 用スペクトルライブラリ付属の精密質量データベース、およびトリプル四重極 LC/MS 用トリガ MRM データベースおよびライブラリには、世界中で一般にモニタリングされている毒性化合物が含まれ、スクリーニング対象化合物にカスタマイズされた高速メソッドでの分析が可能になります。このアプリケーションキットで提供される分析メソッドでは、ラボの生産性を向上する最新の技術を使用しています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • Agilent LC TOF/Q-TOF 用法医学毒物 PCD アプリケーションキット (G6855AA) には、7500 を超える毒性化合物の精密質量パーソナル化合物データベース (PCD) が含まれます。このデータベースでは、化合物名、化学式、モノアイソトピック質量、CAS 番号、および化学構造の図が提供されます。
  • Agilent LC Q-TOF 用法医学毒性 PCDL アプリケーションキット (G3876AA) には、7500 種類の化合物の法医学/毒性 PCD 精密質量データベース、2500 種類の化合物の MS/MS Broecker, Herre & Pragst PCDL スペクトルライブラリおよびライブラリ (PCDL) ソフトウェアが含まれます。法医学/毒性化合物スクリーニングの QTOF 技術を使用することで、対象の質量だけではなく、設定質量範囲内全てのスペクトルデータを保存することができます。いつでもデータを再確認し、再測定することなくサンプルを詳細に確認できます。
  • Agilent トリプル四重極 LC/MS 用法医学毒性 tMRM アプリケーションキット (G1734BA) には、2500 を超える依存性薬物の、最大 10 個の MRM トランジションを含むトリガ MRM データベースおよびライブラリが付属します。このデータベースでは、化合物名と MRM トランジション (フラグメンタおよびコリジョンエネルギーを含む) が提供されます。このスペクトルルックアップライブラリには、100 を超える化合物の tMRM プロダクトイオン参照スペクトルが含まれます。
  • これらのアプリケーションキットには、メソッドのバリデーション用に 3 本の LC カラムが含まれます。
  • メソッド、データファイル、アプリケーションノート、クイックスタートガイドが含まれる DVD ではデータベース/ライブラリを用いた毒性スクリーニングの分析例が提供されるため、すばやく分析を開始することができます。

ページTOP