Agilent Cary 7000 
多角度可変自動測定分光光度計

UV-Vis & UV-Vis-NIR システム

Agilent Cary 7000
多角度可変自動測定分光光度計

革新的な Agilent Cary 7000 UMS は、固体サンプル測定のすべてのニーズを満たします。一晩で数百もの UV-Vis-NIR スペクトルを収集することも、光学部品や薄膜の光学特性解析を数分から数時間で行うこともできます。光学系、薄膜、コーティング、太陽電池、ガラスの研究、開発、QA/QC のための包括的なソリューションを提供する Cary 7000 UMS は、新たな材料分析を可能にします。画期的な Cary 7000 UMS を使用することで、これまで不可能であった実験系の構築が可能となり、分析内容の幅も広がることによって、分析時間の短縮とコスト削減が実現されます。

既存の Cary 4000 / 5000 / 6000i ユーザーは、多角度可変自動測定アクセサリ (UMA) を取り付けることで機能を拡張することができます。

Cary 7000 UMS をお使いのお客様の声  2014/11/27
Cary 7000 UMS をお使いのお客様のビデオ(フランス) 2016/4/13

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 固体サンプル測定へのパワフルなアプローチ
  • サンプルを移動することなく、一連の操作でサンプルの光学特性解析を完了
  • 検出器や試料の位置を制御しながら拡散反射と拡散透過などを測定します。
  • 大きなサンプルコンパートメントにより、大きなサイズから小さなサイズまで、あらゆる種類のサンプルに対応します。360 度のスムーズな回転が可能です。
  • サンプルや測定のニーズに最も適した平行な光とスポットサイズを完璧に制御できます。
  • 分析あたりのコストと時間の削減
  • 直視型検出方式とシングルベースライン測定方式により、分析時間を数日から数時間に、数時間から数分に短縮することが可能となります。
  • メソッドを設定して、1 本のベースラインを収集し、サンプルを設置した後は、全ての測定が自動で行われます。
  • これまでにない 10 Abs の測光範囲による高度な分析で材料に関する新たな情報を取得
  • Cary 7000 UMS は、極限まで低減されたノイズと10Abs の測光範囲により、光学的に高密度なフィルタなどの分析が非常に困難なサンプルであっても、高品質な測定結果を確実に取得することができます。
  • Cary WinUV ソフトウェアにより、高度なデータ処理、高速データ解析が実現
  • Cary WinUV ソフトウェアの新しいメソッドエディタにより、簡単なメソッド設定、高度なデータ処理、高速データ解析のための 3D グラフィックが提供されます。

ページTOP