Cary 630 FTIR アタッチメント

Agilent Cary 630 FTIR には、お客様のアプリケーションに適したアタッチメントが用意されています。

技術概要

Agilent Cary 630 FTIR アタッチメントは、簡単に交換することができ、卓越した性能と使いやすさを実現しています。
Cary 630 FTIR のアタッチメントには、次のものがあります。

アッタッチメント:
透過アタッチメント
透過アタッチメントでは、固体、液体、気体の透過測定ができます。固体は、KBr錠剤法、ヌジョール法、
キャストフィルム法などによる測定が行えます。液体は、従来の液体セルを用いて測定を行います。
気体は、専用のガスセルを用いて測定を行います。また、アタッチメント内部のパージが可能で、
ポリマーフィルムの測定にも適しています。

DialPath アタッチメント
DialPath アタッチメントは、液体の透過測定ができます。洗浄などに手間の掛かる、従来の液体セルを使用せずに、
簡単に測定が行えます。DialPath には 3 つの光路長が設定されており、サンプルの濃度に応じて最適な光路長を
選択して測定を行えます。これにより、広い濃度範囲における定量分析と、スペクトル検索による成分同定の両方に
対応した分析が行えます。
カタログ(PDF)

TumblIR アタッチメント
TumblIR アタッチメントは、液体の透過測定ができます。洗浄に手間の掛かる、従来の液体セルを使用せずに、
簡単に測定が行えます。TumbleIR には 1 つの光路長が設定されています。測定の目的に応じて光路長を
変更したい場合は、DialPathアタッチメントを選択してください。
ダイアモンド ATR アタッチメント (1 回反射型)
ダイアモンド ATR アタッチメントは、スループットの高い光学設計により、高品質のスペクトルを確実に得ることが
できます。ATR 法は、透過法に比べると赤外光が減衰するため、感度は低くなります。しかし、Cary 630 FTIR の
独自のデザインとダイアモンド ATR の組み合わせでは、他のルーチン FTIR システムに比べてエネルギースループットが
約 30 % 高くなります。そのため、低ノイズで高品質の結果を短時間で得ることができます。
ゲルマニウム ATRアタッチメント (1 回反射型)
ゲルマニウム ATR アタッチメントは、ダイアモンド ATR アタッチメントの光学設計と同じですが、Ge 結晶を使用して
いるために異なった特性となります。Ge 結晶では、滲み込み深さが浅くなるため、光路長は短くなります。これにより、
吸収の強いサンプルやカーボンを含有しているタイヤ、ゴム、O-リングなどの高屈折率サンプルの測定に最適です。
ZnSe ATR アタッチメント (5 回反射型)
ZnSe ATR アタッチメントは、ZnSe 結晶とサンプルを広く接触させることのできる、大きな結晶を使用しています。
そのため、反射回数を増やすことができ、その結果、光路長が長くなります。これにより、ASTM D-7371 メソッドに
従ったバイオディーゼルの分析など、微量成分の分析に求められる検出レベルの向上が実現します。
正反射アタッチメント
正反射アタッチメントは、反射測定用のアタッチメントで、入射角度が 10°と 45°の 2 種類を用意しています。
基板上のコーティングや塗膜、汚染成分などの同定や正反射率の測定ができます。45 °入射の正反射アタッチメントは、
透過アタッチメントと組み合わせて使用する必要があります。
拡散反射アタッチメント
拡散反射アタッチメントは、粉末または固体サンプルの拡散反射測定ができます。この手法は、使いやすいだけではなく、
ATR よりも高感度な定量分析が行えます。Cary 630 FTIR 光学系に最適化されており、迅速で正確な測定のために最高の
感度を提供します。ATR は最も簡易な測定手法ですが、感度の調整は困難です。拡散反射法では、KBr とサンプルの
混合比を変えることによって、さらに広い濃度範囲を測定できます。
ZnSe ATR アタッチメント (1 回反射型)
ZnSe ATR アタッチメントは、ZnSe 結晶とサンプルを広く接触させることのできる、大きな結晶を使用しています。
独自のデザインせにより、他のルーチン FTIR システムよりもエネルギースループットが向上しています。そのため、検出下限の感度が向上し、高速なデータの取得を可能にしています。
リーフレット(5991-6930JAJP)2016/7/15 up