Agilent ISIS-DS

ICP-MS

Agilent ISIS-DS

インテグレートサンプル導入システム (ISIS-DS)

1 日に何百もの高マトリクスサンプルを分析する場合、インテグレートサンプル導入システム (ISIS-DS) を用いることで、分析の負荷を低減することが可能です。ISIS-DS では、新たにスペクトルモード取り込みをサポートしました。これにより、離散サンプリングのスループット上の利点を活用しながら、必要数の元素を選択し、複数の反復データを取り込めるようになりました。シングルコリジョンセルモード (He モード) を用いた 7700 シリーズのサンプル分析機能と ISIS-DS を組み合わせれば、30 以上の元素について USEPA 準拠の 3 回繰り返し分析を75 秒間 (サンプル間) で実行することが可能であり、ハイスループット時でもマトリクスの導入量を削減し、生産性を向上します。 詳細はこちら

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • アジレントが設計、製造、およびサポートする ISIS-DS は、ICP-MS とスムーズに連結でき、完全に統合されたソフトウェアを備えています。
  • ISIS-DS ループは、ダイヤフラム真空ポンプではなく、ペリスタルティックポンプにより充填されるため、サンプル消費量が少なくなります (約 2.2 mL/min)。また、真空ポンプや関連するポンプバルブを装着したり交換したりする必要はありません。
  • ISIS-DS は、業界標準の Cetac ASX-520 オートサンプラに対応しています。
  • ISIS-DS は、サンプルスループットを大幅に向上します。元素リストやサンプルの種類により異なりますが、総分析時間は 1.25~3 分です。通常 (従来) のサンプル導入システムに比べて、2~3 倍のスピードです。
  • ISIS-DS により、インタフェースのサンプルマトリクスへの曝露が低減されます。これにより、シグナルドリフトが大幅に低下し、短期および長期の精度が向上するほか、コーン洗浄の頻度も少なくてすみます。
  • ISIS-DS は、HMI とシームレスに連結し、% レベルの全蒸発残留物を含むサンプルの高速分析を可能にします。離散サンプリングの生産性により、ICP-OES に比べて DL が向上し、干渉も低減されます。

ページTOP

インフォメーション

ページTOP