8890/7890 GC用 LTM シリーズII 
高速加熱/冷却

ガスクロマトグラフ

8890/7890 GC用 LTM シリーズII
高速加熱/冷却

Agilent LTM(Low Thermal Mass:低熱容量)シリーズ II は、多数のサンプルを抱える石油化学、食品分析、医薬品 QC ラボなどで、迅速な測定結果を提供します。

この技術は直接カラム加熱を用いるため、急速な昇温と超高速の冷却が可能です。これにより、従来の空気浴式 GC オーブンと比較して分析サイクル時間の大幅な短縮が実現します。

 詳細情報はこちら

注: LTMシリーズII は、8890/7890GC用です。6890GC に取り付けできる LTM の販売は終了しました。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 従来の空気浴式 GC オーブンと比較して分析サイクル時間を大幅に短縮
  • ご使用の 8890 および 7890 GC のインジェクタや検出器とシームレスに連携 - 既存メソッドの変更が不要
  • Agilent メソッドトランスレーションソフトウェアによる簡単なメソッド変更でクロマトグラフィーを高速化
  • 従来の 8890 および 7890 GC システムと同等の優れたリテンションタイムの再現性
  • 2 つの LTM カラムモジュールを異なる温度プログラムで同時に分析可能
  • Agilent キャピラリ・フロー・テクノロジー(CFT)との相乗効果により、包括的二次元 GC など、多次元ガスクロマトグラフィーの重要な機能を実現
  • 8890 および 7890 GC と Agilent クロマトグラフィーデータシステムによる直接制御を統合
  • LTM カラムを簡単に取り付けられる設計
  • 定流量モードをサポート
  • 8890 または 7890 ユーザーインタフェースで幅広い LTM シリーズ II パラメータを提供
  • 8890 および 7890 GC に対応

ページTOP

追加情報

ページTOP