7890 GC用 LTM シリーズII 
高速加熱/冷却

ガスクロマトグラフ

7890 GC用 LTM シリーズII
高速加熱/冷却

サンプルスループットが大幅に向上
多くのラボの GC アプリケーションでは、より高い生産性が求められています。消費電力の低い機器構成を求めるアプリケーションのニーズも増加しています。このような増加するニーズに応えるのは、Agilent LTM (Low Thermal Mass:低熱容量) テクノロジーです。このテクノロジーでは、フューズドシリカキャピラリカラムの周りに、織り込むような形で細いヒーターと温度センサーを直接組み合わせます。熱容量が大きい従来の空気槽 GC オーブンの手法と比較すると、この低熱容量デザインでは非常に効率よく、大幅に短い分析サイクル時間でカラムを加熱および冷却します。わずか数分で終了する昇温分析が可能となります。 詳細情報はこちら

注: LTMシリーズII は、7890GC用です。6890GC に取り付けできる LTM の販売は終了しました。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 最高で 1800℃/分 の高速昇温設定が可能(実際の昇温速度はカラムサイズ、構成、およびカラムのホールドアップ時間によって異なります)
  • 高速な分析サイクル時間を目的とした、1分未満の高速冷却が可能(構成等によって異なります)
  • 通常の 7890 GC インジェクタ、検出器、フューズドシリカキャピラリカラム(最長 30m)を使用、既存のメソッドをわずかな変更でそのまま使用できます。アジレントのメソッドトランスレーションソフトウェアにより、メソッドの変更はさらに容易です。
  • 従来GCと同等レベルの優れた保持時間の再現性が得られます
  • より困難な分析課題に対応するため、異なる温度プログラムを使用して最高で4つのカラムモジュールを同時に分析可能
  • アジレント キャピラリ・フロー・テクノロジーとの相乗効果により、マルチディメンジョナル(多次元)のガスクロマトグラフィーにおいて最新の分離テクニックを実現

ページTOP

追加情報

ページTOP