アルデヒド類の分析

アルデヒド類の分析

Pub.No. TI 16B2G1-013

【要旨】

アルデヒド類は環境中の有害汚染物質で、水道水ではオゾン処理などの消毒副生成物として、また大気では排ガスなどから発生します。これらの分析は直接微量分析が困難であるため、通常は誘導体化後GCやLCで測定されています。ここでは、エレクトロスプレー法を使用した、LC/MSで測定を行った例を紹介します。

分野 環境
キーワード アルデヒド、有害汚染物質、排ガス、エレクトロスプレー法、LC/MS、TI 16B2G1-013 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 90kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

アルデヒド-DNPHのTIC(SCAN 10ng each)