Iterative MS/MS法を用いたAgilent 6546 LC/Q-TOFによる農薬サスペクトスクリーニング法

Iterative MS/MS法を用いたAgilent 6546 LC/Q-TOFによる農薬サスペクトスクリーニング法

Pub.No. LC-MS-202006TK-002

【要旨】

本アプリケーションノートでは,Iterative MS/MS法を用いた四重極飛行時間型LC/MS(LC/Q-TOF)による農薬スクリーニング法について紹介します。Auto MS/MS法とはデータ依存型MS/MS法です。この手法は検出されたイオンを自動的に強度や価数順にMS/MS測定する方法で,特徴は1回の測定で主要なイオンに対してプロダクトイオンスペクトルの測定が可能な手法であることです。しかし,相対的に強度の低いイオンはMS/MS測定ができず取りこぼしが生じる可能性があります。最近,このAuto MS/MS法の新たな測定法としてIterative MS/MS法という手法が開発され,網羅的なMS/MS測定に有効な手法となっています。この手法は同一試料を複数回測定する事で取りこぼしを低減した網羅的MS/MS測定を可能にします。そこで作物中農薬のサスペクトスクリーニング法にIterative MS/MS法を用いたAgilent 6546 LC/QTOFによる分析法を検討しました。

分野 食品
キーワード Iterative MS/MS法、LC/QTOF、農薬分析、サスペクトスクリーニング、6546、1290 
掲載年月 2020/06
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 1.03MB)

ログイン会員限定