Agilent 1290 Infinity II オートスケール分取精製 LC/MSD システムを用いた医薬品不純物の分離と再分析

Agilent 1290 Infinity II オートスケール分取精製 LC/MSD システムを用いた医薬品不純物の分離と再分析

Pub.No. 5994-2355JAJP

【要旨】

不純物を分離して特性評価を進めることは、製薬業界では日常的な作業です。この作業には、分取高速液体クロマトグラフィー(HPLC)がよく使用されます。本アプリケーションノートでは、分析スケールでのメソッド開発、分取条件へのスケールアップ、フラクションコレクション、フラクション再分析などの低分子精製ワークフローを紹介します。すべてのステップは、1 台のAgilent 1290 Infinity IIオートスケール分取精製 LC/MSD システムで実行しました。このシステムと Agilent OpenLab CDS ChemStation の機能とを組み合わせることで、ワークフローの手動ステップを最小限に抑えて労力を削減し、エラーの原因を低減できます。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード Agilent 1290 Infinity II Autoscale Preparative LC/MSD System; Agilent OpenLab CDS ChemStation; pharmaceutical impurities 
掲載年月 2020/10
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 909kB)

ログイン会員限定