ハンドヘルドラマン分光装置を用いた容器越しの原材料同定

ハンドヘルドラマン分光装置を用いた容器越しの原材料同定

Pub.No. 5994-2091JAJP

【要旨】

製薬業界では利益率の向上が常に求められており、製造部門は直行率(First Time Quality:FTQ)を改善し、コストを削減するように奨励されています。原材料の同定は、最新の医薬品適正製造基準(cGMP)の必須プロセス(1, 2)ですが、通常、大量のリソースや長い時間が必要な作業であるため、改善とコスト削減の取り組みの対象として最適です。Agilent Vaya ラマンシステムは、容器が透明でも不透明でも、容器越しに原料を同定できるハンドヘルド分光装置です。このホワイトペーパーでは、医薬品倉庫に Vaya システムを導入して、原材料受け入れ時の ID 検証を簡素化および加速することの利点について説明します。

分野 製薬/バイオ医薬品材料試験・研究
キーワード Vaya、 raw material identification; receiving inspection; pharma raw materials; through container; in container ID 
掲載年月 2020/07
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 692kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)