醤油中の鉛の高感度分析

醤油中の鉛の高感度分析:Agilent 280Z グラファイトファーネス原子吸光分光光度計およびオメガプラットフォームチューブによる測定

Pub.No. 5994-1736JAJP

【要旨】

醤油は液体調味料であり、発酵過程により、淡口(薄口)、濃口、たまり醤油に分けられます。中国国家衛生健康委員会および国家市場監督管理総局は、「食品安全国家標準:食品汚染物質含有量制限」(GB 2762-2017)を作成しました。この標準では特に、食品中の鉛、カドミウム、水銀、ヒ素、スズ、ニッケル、クロムといった重金属の含有量の制限について規定されています。食品サンプルは、塩や糖が高い割合で含まれることが多い複雑なマトリックスのために、分析が困難な場合があります。今回の研究では、醤油中の鉛について、Agilent 280Z AA グラファイトファーネス原子吸光分光光度計(GFAAS)を用いて分析しました。

分野 食品
キーワード soy sauce; Pb in food; lead in food; GB 2762-2017; GB 2762; GB2762; China National Health Commission; Chinese food regulations 
掲載年月 2020/04
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 877kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)