Agilent 6470 トリプル四重極 LC/MSを用いた EPA メソッド 533 による飲料水中のペル/ポリフルオロアルキル化合物の分析

Agilent 6470 トリプル四重極 LC/MSを用いた EPA メソッド 533 による飲料水中のペル/ポリフルオロアルキル化合物の分析

Pub.No. 5994-1628JAJP

【要旨】

米国環境保護庁(USEPA)は、飲料水中の特定のペル/ポリフルオロアルキル化合物(PFAS)の分析用に、メソッド 533 を開発しました。このメソッドは、C4 酸および C5 酸ならびにスルホン酸用の USEPA メソッド 537 および 537.1 における分析困難な化合物のいくつかに対処するものです。さらに、鎖長を C12 酸に制限し、新たに登場した PFAS をメソッドに加えています。ここに示す調査は、EPA メソッド 533 を評価するための第 2 のラボ実証として行われました。このアプリケーションノートでは、Agilent 6470トリプル四重極 LC/MS/MS システムを用いて行った、USEPA メソッド 533 の 2 番目 のラボ実証で得られた結果について説明します。

分野 環境
キーワード EPA Method PFAS、 Drinking Water、 LC/MS/MS、 Agilent 6470、 ZORBAS Eclipse Plus C18 
掲載年月 2020/07
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 1.78MB)

ログイン会員限定