HepG2 細胞中の 13C グルコースの定性フラックス分析

HepG2 細胞中の 13C グルコースの定性フラックス分析

Pub.No. 5994-0713JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、U-13C グルコースをトレーサとして使用するヒト癌腫細胞株の定性フラックス分析について説明します。データは 6546 LC/Q-TOF システムで取り込み、MassHunterVistaFlux で解析しました。この研究では、HepG2 細胞の TCA サイクル中のグルコースフラックスに対するピルビン酸カルボキシラーゼノックダウンの効果を示します。

分野 メタボロミクス
キーワード Flux、 U13C glucose、 quantitative flux analysis、 metabolmics、 VistaFlux、 isotop ratio、 mass spectrometry、 isotopologues 
掲載年月 2019/06
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.47MB)

ログイン会員限定