親水性相互作用液体クロマトグラフィー(HILIC)とLC/MS/MSによるコリン代謝物の分析

親水性相互作用液体クロマトグラフィー(HILIC)とLC/MS/MSによるコリン代謝物の分析

Pub.No. 5991-9491JAJP

【要旨】

コリンとその代謝物を Agilent InfinityLab Poroshell 120 HILIC-Z カラムと Agilent InfinityLabPoroshell 120 HILIC-OH5 カラムを用いて分析しました。Poroshell 120 HILIC-Z は、Poroshell 120HILIC-OH5 と比べてピーク形状が良好で、感度もやや高いものの、保持力は弱くなります。異なる移動相添加物の影響を Poroshell 120 HILIC-Z カラムを用いて調べました。移動相に 10 mM の酢酸アンモニウムを加えると最適なピーク形状が得られることがわかりました。

分野 メタボロミクス製薬/バイオ医薬品
キーワード choline、 metabolomics、 Poroshell 120 HILIC-Z、 Poroshell 120 HILIC-OH5 
掲載年月 2018/07
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 665kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)