可搬型 FTIR 分光分析によるプラスチック中フタル酸エステルの高速スクリーニング

可搬型 FTIR 分光分析によるプラスチック中フタル酸エステルの高速スクリーニング

Pub.No. 5991-3649JAJP

【要旨】

アジレントの可搬型ハンドヘルド FTIR を用いた定量メソッドにより、プラスチック中可塑剤レベルを測定できるようになりました。このキャリブレーション済みメソッドを使えば、0.1 % という優れた定量下限が実現するとともに、プラスチック製品および成分の超高速スクリーニングが可能になります。これにより、より多くのプラスチック材を効率よくスクリーニングし、規制ガイドラインを遵守することができます。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)材料試験・研究
キーワード プラスチック、 可塑剤、 フタル酸エステル、 高速スクリーニング、可搬型、 FTIR、 分光分析、 ポリ塩化ビニル、 PVC、 ビニル 
掲載年月 2014/04
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.58MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

純 DEHP の FTIR スペクトル。定量バンド特定に利用できます。