ICP-MS を用いた潤滑油中無機不純物の分析

ICP-MS を用いた潤滑油中無機不純物の分析

Pub.No. 5991-3263JAJP

【要旨】

ICP-MS を潤滑油中の金属分析に用いることにより、ICP-OES と比べ、検出できる元素の濃度範囲が、0.5 ppb から 5000 ppm に広がることが分かりました。ロバスト性や安定性、感度の観点から、ICP-MS は ICP-OES や AAS より優れた性能を提供することがわかりました。

分野 エネルギー&石油
キーワード 潤滑油、不純物、無機、ICP-MS、エネルギー、石油化学、 
掲載年月 2014/02
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 440kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7700x ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

10 倍希釈されたオイルサンプルに添加された元素の長期安定性