タービンオイル中の添加剤消耗の監視

FTIR 分光法を使用したオンサイトにおけるタービンオイル中の添加剤消耗の監視

Pub.No. 5990-7801JAJP

【要旨】

Agilent 5500t FTIR 分光光度計は、タービンオイル中のフェノールおよびアミニック酸化防止剤を個別に測定することができます。また、タービン装置を高い信頼性で稼働させ、不定期なシャットダウンを防止するために、迅速に測定結果が提供されます。

分野 材料試験・研究
キーワード FTIR、 分光光度計、 5500t、 phenolic、 aminic、 antioxidant、 turbine、 oil、 5990-7801、 5500、 4500、 7801、 5990-7801JAJP  
掲載年月 2013/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.06MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5500t FTIR 分光光度計
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

熱ストレスを与えて生成した ISO 32 タービンオイルにおける添加剤の減少 (新しいオイルの濃度に対しての相対 %、左軸) および酸化形成 (右軸)の Agilent 5500t FTIR 分光光度計を用いたトレンド分析