環境半揮発性物質の高感度分析

Agilent マルチモード注入口(MMI) を用いた環境半揮発性物質の高感度分析

Pub.No. 5990-4199JAJP

【要旨】

極微量の半揮発性物質の分析は、分析対象物の活性、マトリックスによる汚染、および機器の感度の問題があるため難しい課題です。世界中でさまざまなメソッドが用いられていますが、通常は1 μL の注入とフルスキャンのデータ取り込みが要求されます。アジレントのマルチモード注入口(MMI)を使用してコールドスプリットレス注入または大容量注入を行うと、最も低い検出限界を達成できます。

分野 環境
キーワード 環境、揮発性物質、高感度分析、注入口、スプリットレス、大量注入、GC、マルチモード 
掲載年月 2010/02
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 268kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent マルチモード注入口
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

1,3-ジメチル-2-ニトロベンゼンの TIC。
(4 および 5 uL はずらしてプロットしています。)