USP メソッドによるベータ遮断薬ピンドロールの迅速分析

サブ 2 ミクロン粒子で充てんされた HPLC カラムを使用した USP メソッドによるベータ遮断薬ピンドロールの迅速分析

Pub.No. 5989-5098JAJP

【要旨】

ピンドロールと USP メソッドを使用する場合、この研究では、サブ 2 ミクロン充てん剤を利用した短い HPLC カラム (ZORBAX SB-CN (L10) カラム) を使用することにより、どのように容易なスケーラビリティが実現され、より迅速で効率の高い HPLC 分離が得られるのかを例示します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 1.8 micron、 1.8u、1.8m、 1.8 mm、 1.8 um、ZORBAX、USP、サブ2ミクロン、HPLC、ベータ遮断薬、ピンドロール、5989-5098JAJP 
掲載年月 2007/03
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 460kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ZORBAX StableBond
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

拡張性。カラム構成を変更し、分離能を維持したままで、
高速化します。