RNA Integrity Number (RIN) - RNA の品質の客観的評価

RNA Integrity Number (RIN) – Standardization of RNA Quality Control (RNA Integrity Number (RIN) - RNA の品質の客観的評価)

Pub.No. 5989-1165EN

【要旨】

遺伝子発現解析のための RNA の分解度を確認することは非常に重要である。
バイオアナライザの電気泳動プロファイル上で、RNA の分解は (1) 28S/18S ピーク比の減少 (2) rRNA ピークと内部標準 (lower marker) 間シグナルの上昇から確認することができる。バイオアナライザのソフトウェアは自動的に rRNA のピーク (18S・28S) を認識し、28S/18S 比を計算する。ただし、分解が進んだ RNA 試料の評価を行なう際、rRNA ピークのベースラインをマニュアル操作で調製する必要が生じる場合がある。即ち、RNA の分解度評価に主観が入る場合がある。
RIN は泳動プロファイル全体を考慮して算出した 1 ~ 10 の数値により、RNA を分解度で分類するソフトウェアである。RIN ソフトウェアにより客観的な分解度評価を行うことができる上、rRNA 比に比べて再現性が高く、RNA 濃度による影響も受けにくい。

分野 ゲノミクス
キーワード RIN、RNAの品質確認、再現性 
掲載年月 2004/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 515kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

The RNA integrity number was tested on samples of varying levels of intactness.