Access Agilent 2013年6月号

優れた分析結果を実現する、卓越したクリーンさを備えた Captiva PES シリンジフィルタ

Melanie Rothermich
アジレントプロダクトマネージャ

LC/MS 分析においては、低濃度の目的物質の分析が求められるため、サンプル内の不純物や汚染物質を出来る限り減らす必要があります。そのため、アジレントは最適なシステム性能を得るために、LC/MS 分析に先立ち、ろ過ステップを実施することを推奨しています。また、LC/MS 分析では、不純物や汚染物質に起因するイオン抑制などの影響で、不正確な分析結果が出やすい点にも注意する必要があります。そうしたことを考えると、これまで HPLC で問題なく使用できていたシリンジフィルタでは、もはやろ過が不十分となる可能性があります。このような理由から、アジレントは Agilent Captiva PES プレミアムシリンジフィルタを開発しました。

すべての Agilent Captiva PES シリンジフィルタには、LC/MS 証明書が付属します。証明書では、もっとも感度の高い最先端の質量分析計と UHPLC システムを用いて、広い m/z 範囲で、ポジティブイオンモードとネガティブイオンモードの両方で得られたクロマトグラムが提示されています。

図 1. すべての Agilent Captiva PES シリンジフィルタには、LC/MS 証明書が付属します。証明書では、もっとも感度の高い最先端の質量分析計と UHPLC システムを用いて、広い m/z 範囲で、ポジティブイオンモードとネガティブイオンモードの両方で得られたクロマトグラムが提示されています。
(図を拡大)

すべての Agilent Captiva PES シリンジフィルタには、LC/MS 証明書が付属します。証明書では、もっとも感度の高い最先端の質量分析計と UHPLC システムを用いて、広い m/z 範囲で、ポジティブイオンモードとネガティブイオンモードの両方で得られたクロマトグラムが提示されています。
 

図 1. すべての Agilent Captiva PES シリンジフィルタには、LC/MS 証明書が付属します。証明書では、もっとも感度の高い最先端の質量分析計と
UHPLC システムを用いて、広い m/z 範囲で、ポジティブイオンモードとネガティブイオンモードの両方で得られたクロマトグラムが提示されています。

この LC/MS クロマトグラムは、Agilent PES シリンジフィルタが他社製 PES シリンジフィルタよりもクリーンであることを示しています。他社製のフィルタでは、赤い矢印で示されているように、不純物が見られます (フィルタはすべてポアサイズ 0.2 µm、ろ液は 30 % メタノール)。

図 2. この LC/MS クロマトグラムは、Agilent PES シリンジフィルタが他社製 PES シリンジフィルタよりもクリーンであることを示しています。他社製のフィルタでは、赤い矢印で示されているように、不純物が見られます (フィルタはすべてポアサイズ 0.2 µm、ろ液は 30 % メタノール)。
(図を拡大)

この LC/MS クロマトグラムは、Agilent PES シリンジフィルタが他社製 PES シリンジフィルタよりもクリーンであることを示しています。他社製のフィルタでは、赤い矢印で示されているように、不純物が見られます (フィルタはすべてポアサイズ 0.2 µm、ろ液は 30 % メタノール)。
 

図 2. この LC/MS クロマトグラムは、Agilent PES シリンジフィルタが他社製 PES シリンジフィルタよりも
クリーンであることを示しています。他社製のフィルタでは、赤い矢印で示されているように、不純物が見られます
(フィルタはすべてポアサイズ 0.2 µm、ろ液は 30 % メタノール)。

その第 1 弾である Captiva PES シリンジフィルタは、ポリエーテルスルホン (PES) 製です。PES は親水性の非晶性ポリマーで、高温や長期使用条件でも寸法の変化や物理的劣化を起こしにくいという特性があります。各フィルタについて、不純物がきわめて少ないことが LC/MS により確認されています。また、すべてのフィルタに包括的な分析証明書が付属します。この証明書は、Captiva PES シリンジフィルタによりサンプルの完全性と分析結果の品質を維持できることを保証するものです。

信頼の高い証明書

分析証明書は、証明書を作成するのに用いられた分析条件でのみ意味をもちます。そのため、図 1 に示すように、アジレントのシリンジフィルタの証明書では、広い m/z 範囲を用いて、ポジティブイオンモードとネガティブイオンモードの両方で分析されたクロマトグラムが提示されています。また、もっとも感度の高い最先端の質量分析計と UHPLC システムが使用されています。この証明書は、現在市販されているシリンジフィルタのなかでも、もっとも包括的なものです。これにより、アジレントのシリンジフィルタを使う際に、異質なものがサンプルに混入することはないという確信が得られます。このレベルのクリーンさを提供できるのは、アジレントだけです。図 2 を見ると違いがわかります。この図は、アジレント製および他社製の PES フィルタを用いて得られた LC/MS クロマトグラムを示しています。アジレント製フィルタを使用した場合には、不純物が見られないことがわかります。

高い品質管理基準

アジレントは LC/MS テストの水準を打ち立て、不純物がまったくないことが証明されたシリンジフィルタを、どのメーカーよりも多く提供しています。Captiva PES プレミアムシリンジフィルタは、最高のクリーンさが保証されているだけではありません。親水性膜の実現する優れた流速により、水性溶媒や有機性の低い溶媒においても高流速を可能にします。非対称性の高いメンブレンにより、優れたロードキャパシティが実現し、フィルタの効率が向上し、生産性の向上につながります。さらに、アジレントの PES フィルタのタンパク質結合特性は、業界の他のどのフィルタよりも低いため、生体サンプルの前処理に最適です。

Captiva PES シリンジフィルタ – 幅広い認定フィルタのラインナップ

アジレントでは、さまざまなサンプルタイプや溶媒耐性に対応する幅広いシリンジフィルタを提供しています。フィルタ材質も、ナイロン、酢酸セルロース、PTFE、ガラスマイクロファイバー、再生セルロースなど、さまざまです。各シリンジフィルタは、LC/UV 試験により性能が証明されています。ホームページの Agilent Captiva フィルタ選択ガイド では、お客様のアプリケーションに適したフィルタを探すことができます。また、Agilentシリンジフィルタカタログも提供しています。Agilent フィルタの正真正銘のクリーンさを、お客様の目でお確かめください。