【NEW】
Agilent 2100 バイオアナライザ
電気泳動システム(RoHS対応)

バイオアナライザと TapeStation

【NEW】
Agilent 2100 バイオアナライザ
電気泳動システム(RoHS対応)

Agilent 2100 バイオアナライザ 1つの分析システムで無限の可能性

実験を成功させるためには、サンプルの品質が最も重要です。1999 年に販売開始した Agilent 2100 バイオアナライザ電気泳動システムはサンプル分析に Lab-on-a-Chip テクノロジーを応用した世界初のマイクロチップ型電気泳動装置です。
Agilent 2100 バイオアナライザ電気泳動システムは 35,000 以上の論文で引用されており、RNA や DNA サンプルの品質管理のために確立されたツールです。DNA, RNA, タンパク質の電気泳動解析で濃度、サイズ、品質評価など目的に応じた情報をデジタルデータとして得ることができます。
限られたサンプルであっても、他にはないスピード、柔軟性、感度、再現性を示します。様々な実験で確実に結果を出すため、貴重なサンプルにおいて信頼できる品質評価と濃度をご提供します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 高感度
    pg/μL の濃度まで測定可能
  • 少ないサンプル使用量
    DNA/RNA:1 μL
    タンパク質:4-5 μL
  • 高い柔軟性
    1 台で DNA、RNA、タンパク質の泳動が約 30 分で可能
  • 高品質なデジタルデータ
    • RIN(RNA Integrity Number)による RNA サンプル分解度評価、DNA とタンパク質のサンプル品質管理
    • 内部標準を使用してデータ(移動度、分子サイズ、定量値)を自動補正/ 計算
  • コンタミネーションの心配不要アッセイ毎に電極カートリッジの交換、洗浄が可能
  • コンプライアンスサービスとソフトウェア21 CFR Part11 に対応可能な 2100 セキュリティパックソフトウェアと IQ/OQ サービス

ページTOP

ホットニュース

ページTOP