食品

食品

食品が大きくクローズアップされています。グローバルな流通における食品の安全性に加え、ヘルスケアに役立つ栄養成分、機能性があらためて注目されています。

食品の品質と安全性の確保は、食品の製造・流通に関わるすべての人にとっての重要な使命です。アジレント・テクノロジーは、その使命が果たせるよう各種分析機器とサービスをご提供しています。アジレントのガスクロマトグラフ、ガスクロマトグラフ質量分析計、液体クロマトグラフ、液体クロマトグラフ質量分析計に代表される分析機器と分析用カラム・消耗品は、食品製造プロセスにおける、受入れ検査、新製品開発、品質管理と品質保証、包装を含めたすべての段階で使用されています。

アジレントは、豊富な経験と幅広い知識から、食品分析に関する最適なソリューションを開発し、お客様に提供いたします。

食品 関連記事

食品 関連資料

  •  2018/1/29   食品中の FAME、脂肪酸、トリグリセリド分析における最適なカラムの選択(5991-8763JAJP)1.6MB食品の処理、味、質感、消費期限を最適化するには、含まれる油と脂肪を徹底的に試験する必要があります。最も一般的な分析メソッドでは、遊離脂肪酸や脂肪酸メチルエステル (Fatty Acid Methyl Ester: FAME) の間接的なGC 分析を使用します。トリグリセリド (およびモノグリセリド、ジグリセリド) の直接分析でも脂肪と油の特性を解析でき、コレステロールやその他の脂質の分析と組み合わせることができます。
  • Agilent GC/Q-TOF 精密質量農薬 PCDL ライブラリ(5991-5021JAJP)1.12MB従来の多成分ターゲット農薬スクリーニングメソッドは、トリプル 四重極質量分析計をベースにしています。しかし、トリプル四重 極質量分析計のメソッドはターゲット化合物に限定され、採取し たデータに含まれる未知化合物を遡って解析することはできま せん。アジレントの新しい Agilent GC/Q-TOF 精密質量農薬 PCDL ライブラ リを使えば、数百ものターゲット化合物に対応するスクリーニン グアプリケーションを、簡単に手にすることができます。
  • サンプル前処理の効率化を実現 Agilent QuEChERS セレクションガイド(5990-8590JAJP)868KBサンプル前処理の効率化を実現 Agilent QuEChERS セレクションガイド(5990-8590JAJP)868KB
  • Agilent Mass Profiler Professional ソフトウェア 複雑な質量分析データを効率よく解析(5990-4164JAJP)8.01MB1 回の MS 分析でも、数メガバイト以上のデータが生成されます。その中から意味のある情報を選別するの は、干草の山の中から 1 本の針を見つけだすようなものです。高度なデータ処理機能と、強力な統計および 数学モデルを組み合わせ、複雑な MS データセットを解析する Mass Profiler Professional なら、サンプルグルー プを簡単に分類し、比較および解析することができます。
  • Agilent 1290 Infinity LC による食品中のポリフェノール類の高速・高感度分析 935KB日本の伝統的飲料である緑茶に含まれるカテキンは、構造の類似したいくつかのポリフェノ ール化合物の総称であり、烏龍茶(半発酵茶)、紅茶(発酵茶)に含まれるテアフラビ ン類は、カテキン類が酸化重合して生成する赤色の色素成分です。機能性食品成 分であるカテキン類とテアフラビン類を高速・高分離でかつ高感度に分析する UHPLC 条件を紹介します。