プロテオミクス

 

プロテオミクス研究は、タンパク質同定、翻訳後修飾は勿論、インタクトプロテイン、糖タンパク質、リン酸化タンパク質などの分析から糖鎖の構造解析、バイオマーカー探索、タンパク・ペプチド定量など、多岐に渡ります。

アジレントは、HPLC-chip をはじめとする分離技術や LC/MS、MassHunter Bio Confirm、GeneSpring MS などのソフトウェアや統計ツール、アフィニティカラム、OFFGEL分画装置がプロテオミクスのワークフローにマッチした包括的ソリューションを提供します。 高濃度タンパク質を除去する (Simplify) → mRP や OFFGEL での分画 (Fractionate) → HPLC-Chip や LC/MS での分析 (Separate) → Spectrum Mill をはじめとしたソフトウェアでの同定 (Identify) をアジレントがサポートいたします。

ゲノミクス、トランスクリプトミクス、メタロミクス、メタボロミクス、そしてプロテオミクス。 アジレントは、Cross-omics の豊富な経験と幅広い知識から、お客様最適なソリューションを開発し、ご提供致します。



【プロテオミクス関連特集】
1. 2. 3.
  e-セミナーがご覧いただけます:
■New on-demand webinar: Metabolomic and Proteomics Solutions for Integrated Biology
  e-セミナーがご覧いただけます:
■Absolute Quantification of Serum  Apolipoprotein A-I and B by SID-MRM-MS in Clinical
■Multiplex MRM Technologies for  Biomarker Validation and Discovery
  e-セミナーがご覧いただけます:
■Metabolite Profiling for Inborn Errors of Metabolism
 
 

実績に基づいた信頼性、柔軟性、性能の
あらゆるニーズに応えます

LC/MS システム

完全統合型のCE/MS ソリューション

CE/MS システム

様々な場面に対応できる、
柔軟性の高い UHPLC

Agilent 1290 Infinity II 
LC システム

超高感度イオン源が拡げる
GC/MS の新たな可能性

Agilent 5977B シリーズ GC/MSD

DNA、RNA、タンパク質、細胞分析の
可能性を広げるプラットフォーム

バイオアナライザ

優れた性能、比類のない柔軟性、
よりも幅広い対応が可能に

Agilent 8900 ICP-QQQ

複雑な質量分析データの関連を解析

Mass Profiler Professional
ソフトウェア

幅広いアプリケーションや
ソリューションに対応

LC, LC/MS カラム

他社機器も、アジレントの機器と
同様のサービスを

Agilent CrossLab サービス

 
 
 
 
 
 
http://www.chem-agilent.com/cimg/5990-8561JAJP

カタログ  2015/6/24

より高度なプロテオミクス研究を
サポート
(5991-5249JAJP)

26.3MB

http://www.chem-agilent.com/cimg/5990-8561JAJP

カタログ

Skyline プロテオミクスソフトウェアに
よるターゲットプロテオミクス研究(5991-5248JAJP)

3MB

http://www.chem-agilent.com/cimg/5990-8561JAJP

カタログ/技術資料

ペプチドマッピングの基礎
(5991-2348JAJP)

6.3MB

http://www.chem-agilent.com/cimg/5990-8561JAJP

アプリケーションノート

組み換えタンパク質の分析
(5990-8561JAJP)

3.9MB

http://www.chem-agilent.com/cimg/5990-7001JAJP

カタログ

Agilent Mass Profiler Professional
ソフトウェア
複雑な質量分析データを効率よく解析
(5990-4164JAJP)

8.01MB

 
 
 
ピークモデリング (pMod) は糖タンパク質の
複雑な違いを識別します

新しい MassHunter バージョン B.05.01 により、
Agilent CE/MS トータルソリューションが完成

モノクローナル抗体のイオン交換分離における
選択性と効率の向上

モノクローナル抗体の分離を効率化する
新しい ZORBAX RRHD 300Å カラム

アプリケーションに適した相の使用による UHPLC
ペプチドおよびタンパク質分析の結果向上のために

蛍光サイズ排除クロマトグラフィによる膜タンパク質のスクリーニングを円滑化するAgilent 1260 Infinity バイオイナート LC システム

タンパク質の荷電バリアント分析に必要な
メタルフリーの分析環境を実現

最適なバイオカラムの選択がこれまで以上に
簡単になりました

 アプリケーションノート一覧はこちら
   
 
 
  最新情報はこちら

  最新情報はこちら

  最新情報はこちら

    その他イベント情報はこちら