FAQ (OpenLAB CDS EZChrom関連)

Open LAB CDS EZChrom 関連のよくある質問をまとめました。質問をクリックしてください。回答へジャンプします。
 
(A) ChemStation 一般情報
1. new シングルランで分析スタートしたが、分析がスタートしません。「べースラインチェック」をOnにしています。
2. new PowerUsers権限でOSにログオンした。その後EZChromにログオンするとき、PowerUsersのユーザー名が表示された。ただし、そのユーザはEZChromに登録されていない。その時、Project名も表示されない。
3. new 分析終了後、機器ステータス画面で、システムオンやポンプ流量変更が出来ない。
4. new デスクトップ上のショートカット「オンライン装置」から起動すると、Windowが起動中のままになる。画面右上に「接続中…」と表示されている
5. new 三次元で取ったクロマトグラム(+スペクトル)データを任意の時間でスペクトルを表示させたい。
6. new 三次元で取ったクロマトグラム(+スペクトル)データを任意の波長でクロマトグラムを表示させたい。
7. new OpenLAB版のEZChrom版を導入したところ、いままでのEZChromと異なり「機器アクティビィティーログ」にすべての記録がされなくなってしまった。全てのログブックを確認するにはどうすればよいか。
 

Open LAB CDS EZChrom
(A) ChemStation 一般情報
1. シングルランで分析スタートしたが、分析がスタートしません。「べースラインチェック」をOnにしています。

「べースラインチェック」をOnにする場合は、スタートするメソッドも「べースラインチェック」がOnになっている必要があります。メソッドでOnは外れていると、分析がスタートしません。

 


2. PowerUsers権限でOSにログオンした。その後EZChromにログオンするとき、PowerUsersのユーザー名が
表示された。ただし、そのユーザはEZChromに登録されていない。その時、Project名も表示されない。

OSのユーザーを管理者権限に登録してください。


3. 分析終了後、機器ステータス画面で、システムオンやポンプ流量変更が出来ない。

【結果レビューモード】になっています。コントロールからモニター[装置名]を選択してください。

 


4. デスクトップ上のショートカット「オンライン装置」から起動すると、Windowが起動中のままになる。画面右上に
「接続中…」と表示されている。

「プロジェクトの選択」画面が後ろに隠れています。Ctrl+Alt+Deleteキーを同時に押してタスクマネージャーを起動し、「プロジェクトの選択」を選択し、切り替えボタンを押してください。プロジェクトを選択すれば、EZChromは起動します。

 


5. 三次元で取ったクロマトグラム(+スペクトル)データを任意の時間でスペクトルを表示させたい。

表示→PDA表示→ミックスビューより、
操作>「重複クロマトグラム」をクリックください
PopupしたWindowのクロマトグラム欄にご覧になりたい時間を入力し、「閉じる」ボタンを押してください。

 


6. 三次元で取ったクロマトグラム(+スペクトル)データを任意の波長でクロマトグラムを表示させたい。

表示→PDA表示→ミックスビューより、操作>「マルチクロマトグラムテーブルに追加」をクリックください。
PopupしたWindowのクロマトグラム欄にご覧になりたい波長を入力し、「追加」ボタンを押した後に、
「閉じる」ボタンを押してください。さらに、ミックスビュー内のクロマトグラムの表を右クリックし、
「トレースの追加」>「現在のデータから」を選択してください。上方の「トレース」をプルダウンし、
追加した波長を選択してください。

 


7. OpenLAB版のEZChrom版を導入したところ、いままでのEZChromと異なり「機器アクティビィティーログ」に
すべての記録がされなくなってしまった。全てのログブックを確認するにはどうすればよいか。

「機器オンライン画面」と「機器オフライン画面」での「機器アクティビィティーログ」では、250行分ぐらいまでと
なります。
「OpenLAB コントロールパネル」の「システムアクティビィティーログ」には全てが記録されますのでこちらを確認
してください。
確認方法は、添付のドキュメントをご覧下さい。

273KB <<クリック

 

よくある質問

ご不明な点がございましたら、
カストマコンタクトセンターまで
ご連絡ください。

www.agilent.com/chem/contactus:jp