Low Input Quick Amp Labeling Kit

DNA マイクロアレイ

Low Input Quick Amp Labeling Kit

Low Input Quick Amp Labeling Kit を使えば、使用できる RNA量が少ない場合や、コストを削減する必要がある場合でも、アジレントの次世代高感度マイクロアレイの性能を十分に発揮させることが出来ます。
Low Input Quick Amp Labeling Kit は、mRNAをオリゴdTプライマーを用いて逆転写します。さらに高い精度で増幅およびラベル化し、実験に十分な量の cRNA を調製できるように設計されています。リニア増幅を用いたこのキットなら、わずか 25 ng のトータル RNA から、シアニンラベル化 cRNA (アンチセンス) 1500 ng 以上を調製することができます。1 回の IVT 増幅により行われるラベル化は、1 日以内に完了します。このキットは、遺伝子発現解析やそのダウンストリームの研究で、アジレントのオリゴマイクロアレイをご使用になる場合に最適な性能が得られることが確認されています。

本製品は、研究以外の目的に使用できません。

ご使用上の注意

  • Low Input Quick Amp Labeling kitは真核生物のアジレント遺伝子発現マイクロアレイに対応しています。アジレントエクソンマイクロアレイや原核生物のアジレント遺伝子発現マイクロアレイにはLow Input Quick Amp WT Labeling Kitをご使用ください。
  • 弊社従来品 Quick Amp Labeling Kit を用いたデータと、新キット Low Input Quick Amp Labeling Kit を用いたデータを比較した場合、全体的な相関は良好ですが、若干の違いがみられます。 この為、データの相互比較が必要な同一プロジェクト内では、両者を混在させて解析することはお奨めできません

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 必要total RNA量はわずか25-200ng。(8x15Kおよび8x60Kフォーマットのアレイ使用時は10ng以上)
  • 約6時間でラベル化することができます。
  • ラベル化に必要な9種類の試薬をパッケージ化しました。
  • 1カラーおよび2カラー実験に対応
     1カラー 用(5190-2305、24反応)にはCyanine3-CTP、
     2カラー用(5190-2306、48反応)にはCyanine3-CTP およびCyanine5-CTP
     が付属しています。色素がないラベル化キット(5190-2308)もございます。
  • 検出下限は6.9 M 転写物あたり約 1 mRNA コピー (アジレントのマイクロアレイワークフロー使用時)

ページTOP

ホットニュース

ページTOP