ダイズオリゴ DNA マイクロアレイ

DNA マイクロアレイ

ダイズオリゴ DNA マイクロアレイ

ダイズは、農作物として世界中で広く栽培され、食用植物油生産において大きな割合を占めるだけでなく、豊富に蛋白質を含有する重要な植物です。本マイクロアレイは、日本の研究機関 (理化学研究所、国際農林水産業研究センター、千葉大学、農業生物資源研究所、かずさ DNA研究所、佐賀大学、北海道農業研究センター、京都大学、北海道大学、宮崎大学) によるダイズ完全長 cDNA 収集プロジェクト※の成果として開発されました。プロジェクトで産出されたダイズ完全長 cDNA の配列データ(農林二号由来)に加え、Glycine max 種に関する GenBank の mRNA および EST (2005年 7月まで) の公開データを組み合わせてプローブが選定されており、約 42,000個の転写産物の発現プロファイルを解析できます。乾燥、塩などのストレス応答時の遺伝子発現プロファイル解析により、このアレイデータの質の高さが確認されています。

本製品は研究以外の目的には使用できません。

※アジレント・テクノロジー外部のサイトへのリンクです。

★ Gene List を確認の上ご注文ください。★

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 受注製造 遺伝子発現マイクロアレイ(p/n;G2519F AMADID;#016772)
  • ダイズ完全長 cDNA 収集プロジェクトによって発表されたダイズ完全長cDNA の配列データ(農林二号由来)ならびに Glycine max 種に関する GenBank の mRNA および EST (2005年 7月まで) の公開データを組み合わせてプローブを選定
  • 約 42,000個の転写産物の発現プロファイルを網羅的に解析可能
  • アジレントの60-mer SurePrint技術を用いた 4x44K スライドフォーマット
  • 1スライドに 44K マイクロアレイ 4枚を搭載

ページTOP

ホットニュース

ページTOP