フィルムホルダ

UV-Vis & UV-Vis-NIR システム

フィルムホルダ

サンプル間でのスキャン

Cary 1、3、100、300、4、5、400、500、500i、4000、5000、6000i、および Cary 遠紫外分光光度計用

フィルムホルダを使用すると、サンプル間でスキャンするためにフィルム、ゲル、材料シート、または複数のフィルタを垂直に取り付ることができます。フィルムホルダアクセサリは、サンプルサイズの柔軟性を高めるために多くの取り付け穴のある 3mm 厚のスチールプレートです。マイラーストリップによりサンプルのこすれを防ぎます。

測定の長さは、Cary 100 および 300 フィルムホルダで 100 mm、Cary 4000、5000、および 6000i フィルムホルダで 160 mm です。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • サンプルがビーム上を移動するときに透過率または吸光度を測定することで大きなサンプルの均一性を判断し、透過率または吸光度とスキャン距離を作成します。
  • フィルムホルダに複数のフィルタを配置することで、小さなフィルタのバッチのスキャンを自動化します。その後、波長スキャンのためにフィルムホルダを各フィルタの位置に駆動できます。
  • フィルムホルダに取り付けられたゲルボートで切断および配置することにより、プレートゲルをスキャンします。ゲルは、領域計算で距離の関数としてスキャンできます。

ページTOP

インフォメーション

ページTOP