QuikChange II XL Site-Directed Mutagenesis Kits

QuikChangeⅡXL Site-Directed Mutagenesis Kit

  • 伸長時の二次的なエラーを除去するための Pfu Ultra DNA polymeraseを使用
  • 長く、難しいテンプレートのためにXL10-Gold Ultracompetent CellsとQuikSolution 採用
  • シンプルな方法論で変異をわずか1日で導入
  • ドメイン交換法も可能
  • 数千もの論文で使用実績
  • QuikChange Primer Design Program
  • DpnI 処理が5分の高速プロトコル採用の最新バージョンはこちらQuikChange Lightning Site-Directed Mutagenesis Kit
 
資料検索
マニュアル検索
分析保証書
MSDS
学術お問い合わせ
よくある質問
ベクターマップ &
シーケンス

用途

  • 大きいプラスミド(7-8 kb 以上)、難しい鋳型用の変異導入キット
  • 点変異の導入
  • 単一、あるいは複数のアミノ酸の欠失及び挿入
  • ドメイン交換法にも利用可能

最高の正確性をもつ酵素の採用により大幅にパフォーマンス向上

QuickChange Ⅱ XL site-drected mutagenesis kits**は QuikChange シリーズの新世代キットです。これらのキットでは最高の正確性を持つDNAポリメラーゼを採用することにより、パフォーマンスが大幅に向上しました。QuikChangeⅡXL キットでは簡単な3段階の方法で挿入や欠失、点変異、ドメイン・スワッピングなどの遺伝子への変異導入が、簡単、迅速かつ 80%~100%という高い功率で行えます。8 kb 以上の大きなプラスミドや難しいコンストラクトために最適化されています。

目的以外の変異を最小限に抑える

QuikChangeⅡXL site-directed mutagenesis kitでは、非常に正確性の高いPfuUltra high fidelity DNA polymerase* を採用していることと、非PCRを基本とした遺伝子増幅方法を採用していることにより、変異導入部位以外での望まない変異の発生がほとんどありません。

大きなターゲットでも迅速かつ効果的な変異導入

QuikChangeⅡXL site-directed mutagenesis kitは他の部位特異的変異導入技術に替わる、簡単で効率のよい技術で、特に 8 kb を超す長くて困難なテンプレートへの突然変異導入に最適化されています。一本鎖DNAの取り扱いや煩雑な作業、難しい操作は必要ありません。塩化セシウム精製、あるいはミニプレップで精製したプラスミドDNA(StrataPrep プラスミド ミニプレップ 精製キットで精製されたプラスミドDNAなど)に変異を導入した後に形質転換を行うことで、80~100% のコロニーに設計どおりの変異が導入されます。 (難易度は変異導入部位の配列、複雑さにより異なります) 。

最適化された試薬により難しいターゲットへの変異導入可能

QuikChangeⅡXL kitは XL10-Gold ウルトラコンピテントセル*、QuikSolution 試薬、そして特別に最適化されたプロトコールにより大きなプラスミドへの変異導入を成功に導きます。XL10-Gold 細胞はサイズの大きいDNAや、ライゲーション反応後のDNA分子の形質転換効率を向上させる Hte 表現型を持っています。また、QuikChange 反応に QuikSolution 試薬を添加することにより、大きなプラスミドの複製が促進されます。

シンプルなnon-PCRプロトコールで最速3時間で変異導入(形質転換前まで)

PCRベースの変異導入と異なり、QuikChange の手法はmutagenesis-grade PfuUltra high fidelity DNA polymeraseによるリニアな増幅法を採用しています。変異導入プライマーはサーマルサイクリングの最中に伸長され、目的の変異を新しく合成された鎖に取り入れます。1 独自のプライマー設計により、連続するそれぞれのサイクルで元の鋳型のみが複製されるようになっています。PfuUltra DNAポリメラーゼは従来の熱耐性酵素と比較して最も正確性が高いため、目的外のランダムな変異は実質的にほとんど入ることがありません。最後に DpnⅠを添加することにより、dam-メチル化された元のテンプレート鎖のみが消化されます。2 新たに合成され、ニックが入った円状のDNA鎖はXL10-Gold スーパーコンピテントセルに形質転換され、大腸菌のもつリガーゼによってニックが修復されます。このような方法により、80% 以上のコロニーで目的の変異を望むプラスミドが得られます。

New! Mutagenesis製品のアプリケーション・ブックレット

アジレント(旧ストラタジーン)のQuikChangeシリーズをはじめとしたMutagenesis関連製品の各種アプリケーションがScience誌に掲載されました。下記リンク先よりブックレットをPDFファイルでダウンロード可能です!

Science Mutagenesis Techniques Collections

Images

Click For Full Size
The QuickChange II 1-Day Site-Directed Mutagenesis Method: 1. Mutant strand synthesis. 2. Dpn I Digestion of parental DNA template. 3. Transformation of the resulting double-stranded nicked DNA molecules. After transformation, the XL10 Gold E. coli cell repairs nicks in the plasmid.

>>  Footnotes

  • 1. Bergseid, M., et al. (1991), Strategies 4 34-35
  • 2. Nelson, M. and McClelland, M. (1992), Methods Enzymol. 216 279-303

資料検索

>>  Licensing

U.S. Patent Nos. 7,176,004; 7,132,265; 7,045,328; 6,734,293; 6,713,285; 6,706,525; 6,489,150; 6,444,428; 6,391,548; 6,183,997; 5,948,663; 5,932,419; 5,866,395; 5,789,166; 5,707,841; 5,545,552; 5,512,468 and patents pending.