XL1-Red Competent Cells for Random Mutagenesis

XL1-Red コンピテントセル:ランダム突然変異用

  • 迅速かつ容易にランダムな突然変異を目的の遺伝子に導入
  • 突然変異率は、野生型親株の5000倍
  • シンプルな方法
  • 突然変異誘発物質や発がん性物質、サブクローニングも必要無し
 
資料検索
マニュアル検索
分析保証書
MSDS
学術お問い合わせ
よくある質問
ベクターマップ &
シーケンス

in vivoでランダムな突然変異を誘発

PCRや化学物質などの変異導入剤を使ってDNAに変異を導入する方法は、時間もかかり、面倒で、コストもかかります。XL1-Red変異株は、形質転換するだけで簡単・迅速にランダムな変異導入ができるコンピテント・セルです。XL1-Red 株は E.coli の主要なDNA修復経路のうちの mutSmutD および mutT の3種が欠損しており、突然変異発生率は野生型親株より5000倍も高くなっています。

簡単な方法です

この方法はご自分のコンストラクトを XL1-Red に形質転換して増殖させるだけというとても簡単なものです。XL1-Red での増殖の後、プラスミドを回収して付属のXL1-Blue コンピテントセルに形質転換して解析を行います。

遺伝子型

XL1-Red 株: endA1 gyrA96 thi-1 hsdR17 supE44 relA1 lac mutD5 mutS mutT Tn10 (Tetr)

XL1-Blue 株: recA1 endA1 gyrA96 thi-1 hsdR17 supE44 relA1 lac [F'proAB lacIqZ△M15 Tn10 (Tetr)]

Images

Click For Full Size
Mutants of the P. furiousus Alkaline Phosphatase Gene: Morphology of clones on LB plates containing BCIP indictor substrate. Quadrant A: Pfu 5. Quadrant B: Parent Pfu alkaline phosphatase clone. Quandrant C: Pfu 5-1. Quadrant D: Pfu 5-2.

>>  Footnotes

  • 1. Greener, A. and Callahan, M. (1994), Strategies. 7: 32-34.

 
Product Catalog # Amount Price

XL1-Red Competent Cells

200129 5 x 0.2 ml お問い合わせください Call
For random mutagenesis, 1 x 106 transformants/µg, includes XL1-Blue competent cells
分析保証書(C of A) 分析保証書 (C of A)   マニュアル マニュアル