ZORBAX 300StableBond HPLC カラム

LC と LC/MS カラム

ZORBAX 300StableBond HPLC カラム

ZORBAX 300StableBond HPLC カラム
ZORBAX 300StableBond カラムは蛋白質とペプチドを再現性良く分離するための理想的な選択肢です。その主な理由は次の 2つです。

第1 に、蛋白質とペプチドなどの巨大分子を効率的に分離するには検体が結合相表面に容易に侵入できなければなりませんからワイドポア (300Å) カラムが必要です。
第2 に、蛋白質やペプチド分離に使用される低pH 領域での TFA 含有移動相の使用に対して 300StableBond カラムは優れた耐久性を示します。低pH 領域での LC/MS分析ではギ酸や酢酸と添加剤として使用することも可能です。

仕様および価格表

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 4種類の異なる結合相を使い分けてペプチドやタンパク質に対する選択性を最適化できます
  • 低pH で TFA 移動相を使用しても他に例のない安定性と長寿命を提供します
  • 優れた再現性
  • プロテオミクスなどの LC/MS アプリケーションに最適なキャピラリカラムおよびナノカラムが用意されています

ページTOP