Agilent J&W GC カラム - HP-FFAP

ガスクロマトグラフ

Agilent J&W GC カラム - HP-FFAP

HP-FFAP

HP-FFAP カラムは、ポリエチレングリコールポリマーを酸改質することで、有機酸を誘導体化せずに注入することが可能になっています。また、遊離脂肪酸については C24 まで分析が可能です。

 詳細および価格表

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • ニトロテレフタル酸修飾ポリエチレングリコール
  • 高極性
  • 温度範囲 60℃ ~ 240/250℃ (0.53mm では 230/240℃)
  • 揮発性脂肪酸とフェノールの分析用に設計
  • OV-351 と同等
  • 化学結合・架橋タイプ
  • 溶媒洗浄可能
  • USP Phase G35 に相当
  • HP-FFAP GCカラムの洗浄に水またはアルコールを使用することはお勧めしません。

ページTOP