BioTek Cell Count & Viability アクセサリ

マイクロプレート機器の消耗品とアクセサリ

BioTek Cell Count & Viability アクセサリ

Cell Count and Viability スタータキットには、Agilent BioTek Cytation 細胞イメージングマルチモードリーダーや Agilent BioTek Lionheart 自動顕微鏡を用いて、哺乳類細胞懸濁液内の細胞をカウントし、生存を測定するために必要な、研究者向けのあらゆるものが含まれます。;このキットを使用すると、煩雑でエラーの発生しやすい哺乳類の細胞カウントプロセスが自動化されるため、作業時間の短縮とデータ品質の向上を実現できます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • このキットはあらゆる機能を備えており、トレーニングなしで容易に設定できます。このキットは明視野イメージングに対応する Agilent BioTek Cytation または Agilent BioTek Lionheart イメージャー用であり、数分で分析結果を取得できます。
  • 自動細胞カウントにより高品質なデータを提供でき、手動操作は不要です。
  • キットには 1~4 枚の細胞カウントスライドを保持できるアダプターが含まれています。このため、1 回で最大 8 種類のサンプルを分析でき、ワークフローのスループットを効率化できます。
  • またキットには死滅細胞を染色するトリパンブルー染料が含まれているため、細胞生存率を自動的に計算できます。いったん染色してイメージングすれば、ソフトウェアによって自動的かつ迅速に結果が報告されます。
  • アプリには希釈カリキュレーターが組み込まれているため、必要な細胞濃度の達成に必要なサンプルと培地の量を自動的に計算でき、時間を節約できます。この自動計算によって、下流アプリケーションが容易になります。
  • カウンティングスライドとオプションのホルダーをソフトウェアアプリと一緒に使用すれば、使い捨てスライドよりもエコフレンドリーです。スライドとホルダーはクリーニングが容易で繰り返し使用できます。

ページTOP

用途

  • より高品質のデータ手動によるセルカウントは手間がかかり、エラーが起こりやすいです。セルカウント処理を自動化することにより、人為的エラーが解消され、データ品質が向上します。
  • 自動の細胞生存率計算キットには、死亡した細胞を染色するためのトリパンブルー染色が含まれています。染色と撮影が済むと、ソフトウェアアプリが自動で細胞生存率を計算します。
  • 内蔵型の希釈計算機セルカウントおよび生存率アプリには、下流のアプリケーションを促進するために、望ましい細胞濃度を得るのに必要なサンプルと培地の量を自動で決定する計算機が組み込まれています。

ページTOP