バイオファーマ HPLC 分析

AdvanceBio ペプチドプラス

AdvanceBio ペプチドプラスカラムは、ターゲットペプチドと不純物、翻訳後修飾の分離用に最適化された、逆相表面多孔質粒子 LC カラムです。ハイブリッドエンドキャップ処理された C18 固定相でポアサイズ 100 Å の 2.7 μm 粒子を修飾することにより、帯電表面を形成しています。
AdvanceBio ペプチドプラスカラムを用いることで、複数の重要品質特性を LC/MS で確実に同定できます。スピードと感度、そして効率に優れており、ターゲットタンパク質とペプチドをすばやく確認して同定することが可能になります。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特徴

  • 信頼性の高い結果 - 効率的な Poroshell の粒子形態によって高分離能分離を実現し、高いロード量でもパフォーマンスが低下することはありません。
  • 優れたピーク形状 – 表面チャージを実現するハイブリッドのC-18 と化学修飾シリカによって、ギ酸を含む移動相使用時においても優れたパフォーマンスを実現します。
  • 異なる選択性 - 重要な成分の分離や分解能を向上させるために、従来の C18 カラムを使用することも可能です。
  • 柔軟性の向上 - 直径 2.7 µm、100 Å の表面多孔質粒子と多重構造によって、HPLC と UHPLC システムの両方での使用が可能です。
  • 品質管理 - 品質を保証するため、カラムはペプチド標準溶液でバッチテストされます。

ページTOP