円筒型セル

分析機器用 部品と消耗品

円筒型セル

UV-Visible 分光光度計用のアジレントの高品質円筒型セルは高い性能を持ち、さまざまなアプリケーションにおいて高い柔軟性を発揮します。アプリケーションとシステム設定に応じて、多様な光路長オプションが用意されています。低濃度のサンプルで、一貫してより明確な分光光度分析の結果が求められる場合には、2 ポートの長光路円筒型セルがより優れた感度を実現します。より短い光路長が必要とされる場合は、短い光路長と 15 mm 開口部のマイクロ円筒型セルが高濃度サンプルを補正し、高い溶媒吸光度に対応します。円筒型セルは、セルホルダとサーモスタットのオプションが豊富で、柔軟性と精度の高い分析が可能です。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 長光路の 2 ポート円筒型セルは、UV-Vis アプリケーションの低濃度サンプルに対して優れた感度を実現します。
  • シングルポート標準セルは、円筒型セルホルダが必要で、追加のキャリブレーションを対象に温度調整が可能です。
  • マイクロ円筒型セルは濃縮サンプルに使用します。短い光路長を使用することにより、高い溶媒吸光度(NIR 中の水)に対応できます。
  • セルホルダやサーモスタットの多様なオプションが用意されており、柔軟性と精度の高い性能を実現します。
  • 円筒型セルはすべて、市場をリードするアジレントのUV/Vis 分光光度計ポートフォリオと効果的に組み合わせるために最適化されています。

ページTOP