1290 Infinity II 分取バイナリポンプ

HPLC モジュール

1290 Infinity II 分取バイナリポンプ

1290 Infinity II 分取バイナリポンプは、簡単に交換可能なポンプヘッドにより、耐圧最大 60 MPa 、 1~200 mL/min の高圧混蔵送液に対応しています。 内径 4.6~50.0 mm のカラムに対応し、幅広いアプリケーション間でシームレスなスケールアップが可能です。 このポンプは、分析スケールおよび分取スケールの精製ワークフローにおいて、高品質の HPLC 分離を実現する溶媒送液モジュールです。

この汎用ポンプは 1260 Infinity II 分取バイナリポンプに機能を追加したモデルであり、最高の柔軟性を実現するように設計され、あらゆる精製の課題に対応しています。 内蔵の溶媒選択バルブによりアプリケーション範囲が拡大され、チャネルあたり 2 種類の溶媒を切り替えることができます。 自動シール洗浄機能および並列デュアルピストン機構により、日々の使用において優れたクロマトグラフィー性能を実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 簡単に交換可能なポンプヘッドにより、耐圧最大 60 MPa 、最大 200 mL/min の流量範囲を実現しており、幅広い分取ワークフローにおける様々なアプリケーションに対応可能
  • 高圧バイナリグラジエント組成により、デガッサなしでの送液が可能
  • リテンションタイムの安定性とバイナリグラジエント組成の精度が非常に優れているため、様々な分析において信頼性の高いクロマトグラフィー性能を発揮
  • 内蔵圧力トランスデューサにより、システム内で精製グラジエント混合ポイントを別のポイントへ移動することができ、極性の非常に低い化合物の精製が可能
  • 最大 4 種類の溶媒の迅速切り替えが可能であり、アプリケーション範囲の拡大し、溶媒ラインパージの省略による時間短縮を実現
  • ユーザー設定可能な圧力上限および下限値を超える送液を自動的に調整/停止が可能な機能により、カラムの詰まりや漏れが生じた際の安全性が向上
  • 自動シール洗浄機能により、ピストンシールの寿命を延長

ページTOP