1260 Infinity II バイオイナートポンプ

HPLC モジュール

1260 Infinity II バイオイナートポンプ

1260 Infinity II バイオイナートポンプは、流路素材をバイオイナート材質に用いたクォータナリ UHPLC ポンプであり、生体アプリケーションや高 pH 値でのアプリケーションで使用できます。 耐圧最大 60 MPa、最大流量 10 mL/min で、最大 4 種類の溶媒のグラジエント組成および溶媒混合送液が可能です。

1260 Infinity II バイオイナートポンプは、高塩濃度(2 M)による腐食に耐性があり、pH 1~13 の広範囲に対応。短期間では最大pH 14 まで使用可能です。 タンパク質や NBE の特性解析に最適です。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 高塩濃度および過酷なクリーニング手順による腐食に耐性があるチタンベースのポンプ
  • 溶媒送液ユニット内の接液部品はスチールおよび鉄を含まないため、生体分子の完全性を保証し、不要な表面相互作用を最小化すると同時にカラムの寿命を延長
  • 高塩濃度耐性(2 M)および広い pH 範囲(1~13、短期間では 14)に対応し、より柔軟性が向上
  • 最大 10 mL/min の流量により、従来のバイオ精製カラム用の低圧力送液から、適応性が向上した STM 分析バイオカラムの高圧力送液まで対応
  • Agilent Buffer Advisor ソフトウェアにより、塩グラジエントと pH グラジエントを迅速かつ簡単に生成でき、バッファの調製、バッファの混合、pH スカウティングといった煩雑でエラーの起こりやすいメソッド開発ステップが不要
  • アクティブシール洗浄機能により、高塩濃度使用時のシールの寿命を延長

ページTOP